• 本

雑草が教えてくれた日本文化史 したたかな民族性の由来

出版社名 エイアンドエフ
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-9907065-8-6
4-9907065-8-7
税込価格 2,376円
頁数・縦 245P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

戦国武将は大事な家紋に雑草をあしらった。華麗な花や勇壮な動物を描いた西洋とは明らかに違っている。日本人にとって雑草とは何か。雑草生態学の権威が、斬新な視点から提示する新・日本人論。

目次

第1章 日本人は植物にさえ仏性を見る(東西でこれほど違う「雑草」観
世界文明とイネ科植物
神宿る自然 崇敬と脅威の源泉 ほか)
第2章 雑草が育てた日本人気質(水田は砂漠化しない
日本に植物の分類学はない
雑草がなくては困る ほか)
第3章 雑草文化論(雑草は「弱さの強さ」をもつ
雑草は逆境に強い
雑草の「戦わない戦略」 ほか)

著者紹介

稲垣 栄洋 (イナガキ ヒデヒロ)  
1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。専攻は雑草生態学。農林水産省、静岡県農林技術研究所などを経て、静岡大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)