• 本

琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上

出版社名 集英社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-08-771123-3
4-08-771123-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 341P 20cm
シリーズ名 琥珀の夢

商品内容

要旨

サントリー創業者・鳥井信治郎のひたむきな日々。

おすすめコメント

松下幸之助が商いの師として敬愛した男。 サントリー創業者・鳥井信治郎の戦い   <大阪船場、丁稚奉公編>  明治12年1月30日夜明け。大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎、後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋小西儀助商店に丁稚奉公に入る。小西商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。しかし当時の葡萄酒はアルコールに香料など様々なものを混ぜ合わせた合成酒。信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ――。

出版社・メーカーコメント

ええもんには底力があるんや。品物も、人も底力や! 13歳で丁稚奉公に入り、大阪船場商人の魂を叩きこまれた信治郎。20歳の春、鳥井商店を開業し、葡萄酒の製造販売に情熱を傾ける――。サントリーの創業者・鳥井信治郎のひたむきな日々。

著者紹介

伊集院 静 (イジュウイン シズカ)  
1950年山口県生まれ。立教大学文学部卒業。CMディレクターなどを経て、81年「皐月」で作家デビュー。91年『乳房』で吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で直木賞、94年『機関車先生』で柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)