• 本

友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

出版社名 講談社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-06-220827-7
4-06-220827-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 208P 19cm

商品内容

要旨

告げられた余命はわずか3か月。生還か永遠の別れか―。大人たちが挑んだ極限の闘い。

目次

第1章 平尾誠二という男(山中伸弥)(ドラマの主人公そのままの男
会う約束をするだけで幸せになれる
意外性のゴルフ ほか)
第2章 闘病―山中先生がいてくれたから(平尾惠子(平尾誠二夫人))(無償の友情
突然の余命宣告
「しゃああらへんわね」 ほか)
第3章 平尾誠二×山中伸弥「僕らはこんなことを語り合ってきた」(僕ら「スクール・ウォーズ」世代
技術革新と倫理観
人を叱る時の四つの心得 ほか)

おすすめコメント

出会いから別れまで6年。それは短いけれど、とても濃密な時間だった。大人の男たちの間に生まれた、知られざる友情の物語。

著者紹介

山中 伸弥 (ヤマナカ シンヤ)  
1962年、大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞
平尾 誠二 (ヒラオ セイジ)  
1963年、京都市生まれ。81年、伏見工業高校で全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会優勝。同志社大学では史上初の大学選手権3連覇を達成。史上最年少(当時)で日本代表に選出される。卒業後、英国リッチモンドに留学、86年、神戸製鋼所入社。日本選手権7連覇の立て役者に。98年に現役引退後、99年W杯日本代表監督。2007年、神戸製鋼コベルコスティーラーズGM兼総監督に就任。2016年10月永眠。享年53(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)