• 本

エッグマン

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-02-251493-6
4-02-251493-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

元料理人のサトジが居酒屋で一目惚れした女性と、14年ぶりに再会する。彼女の名はマヨ。いまは離婚を経験し、一人娘のウフと二人で静かに暮らしていた。別れの理由は夫の横暴なふるまい。そのことがウフのこころの傷にもなっている。決して豊かとはいえない母娘の暮らしだが、ともに卵が好物で…。サトジの作る卵料理が二人に幸せの笑みをもたらしていく、芥川賞作家による初の料理小説!

おすすめコメント

おいしい料理が、気持ちをつなぐ!TKGホワイトオムライス、親子丼、ティラミス、卵焼き、エッグベネディクト−−心優しき料理人がふるまう卵料理の数々。読むと心が温まり、ほろっと泣ける義理人情の連作長編。元料理人のサトジは一目惚れしたの相手マヨと、12年ぶりに再会。彼女は離婚を経験し、娘と二人で静かに暮らしていた。心に傷をもつ娘、別れた父親の関係、祖母の遠い記憶、学校でのいじめ……人生の難局をサトジの卵料理が解決していく、食と人情のエンターテイメント!

著者紹介

辻 仁成 (ツジ ヒトナリ)  
東京都生まれ。1989年「ピアニシモ」で第13回すばる文学賞を受賞し、作家デビュー。97年「海峡の光」で第116回芥川賞を受賞。99年『白仏』の仏語翻訳版でフェミナ賞の外国小説賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)