• 本

坐禅の真実 「正法眼蔵 坐禅儀」・「大智禅師法語」提唱

出版社名 大法輪閣
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-8046-1400-7
4-8046-1400-1
税込価格 2,268円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

釈尊も達磨大師も終生常に坐禅をされた。共にすでに無上の覚りを得ていたのだから、それは覚りを得るための坐禅ではなかったことは明らかである。では「坐禅とは何か」。その真実を明らかにする提唱録。

目次

正法眼蔵 坐禅儀 提唱(原文
はじめに
義雲の頌著
面山の述賛
正法眼蔵 坐禅儀
思量・不思量・非思量について(「坐禅箴」の巻の提唱より))
大智禅師法語 提唱(印刻祇陀開山法語序
鳳儀開山大智禅師法語
十二時法語)

著者紹介

酒井 得元 (サカイ トクゲン)  
明治45年、名古屋市に生まれる。昭和10年、駒澤大学仏教学科卒業。同11年、京都紫竹林学堂に入り京都大学文学部哲学科専科に3年間在学。同14年春、大本山総持寺に安居、後堂であった沢木興道老師に遭う。同年秋、大本山永平寺に安居。同16年、沢木老師の天暁禅苑(栃木県・大中寺。19年10月解散)に入り、以後沢木老師に師事。同24年より62年まで駒澤大学に奉職。文学博士・名誉教授。同32年、金沢市・大乗寺に宗立僧堂が開かれ、沢木老師と共に雲水を指導(37年閉単)。同52年より62年まで大本山永平寺眼蔵会講師。平成8年11月22日遷化。84歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)