• 本

日本人のための第一次世界大戦史 世界はなぜ戦争に突入したのか

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-620-32481-4
4-620-32481-7
税込価格 2,160円
頁数・縦 402P 19cm

商品内容

要旨

第一次世界大戦を理解すれば今日の世界がわかる。日本人が知らない歴史の転換点を金融のプロが読み解く、今を生きるための世界史。

目次

戦争技術の発達
国民国家意識の醸成
兵器産業の国際化と戦艦
世界から見た日露戦争
20世紀の新しい産業
第一次世界大戦勃発
日本参戦
戦線膠着
戦争の経済
消耗戦の中で
新兵器の登場
終戦へ
戦後に残されたもの

おすすめコメント

日本人を変えた忘れられた大戦”第一次世界大戦が、いまだに多くの問題を生んでいる。日本人目線で描く世界史の転回点。

著者紹介

板谷 敏彦 (イタヤ トシヒコ)  
1955年、西宮市生まれ。関西学院大学経済学部卒業。石川島播磨重工業(船舶部門)を経て日興証券へ、ウォール街勤務が長い。その後内外大手証券会社幹部を経て、2006年にヘッジ・ファンド設立。現在は作家として活動している。日本金融学会会員、明治大学株価指数研究所アドバイザー、早稲田大学社会人講座講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)