• 本

ブッダが教える執着の捨て方

だいわ文庫 176−4B

出版社名 大和書房
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-479-30675-7
4-479-30675-7
税込価格 702円
頁数・縦 205P 15cm

商品内容

要旨

きっぱり捨てると、本当に必要なものが手に入る。心がスーッとなる「怒り」「思い込み」「儀式」「エゴ」の手放し方。

目次

序章 「執着」の捨て方(人生には「執着」がプリインストールされている
執着しても捨てられないものは何もない ほか)
第1章 「物」と「心」を捨てる(五つの欲を手放す
世にある美しいものは、そのまま置いて ほか)
第2章 「意見」を捨てる(誰でも「自分の考え」を持っている
正しいと思える意見に更新していく ほか)
第3章 「儀式」を捨てる(脳をロックしてしまう儀式
たくさんのしきたりに則ったほうが安心 ほか)
第4章 「我論」を捨てる(「私」は最強の執着
「存在する」という前提は正しい? ほか)

おすすめコメント

怒りや不安、思い込み、マンネリ、エゴは潔く捨てられる! 「離れること」によって生まれる喜び、ブッダの手放す生き方。

著者紹介

スマナサーラ,アルボムッレ (スマナサーラ,アルボムッレ)   Sumanasara,Alubomulle
1945年、スリランカ生まれ。スリランカ上座仏教長老。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとったのち、1980年に来日。駒澤大学大学院人文科仏教学博士課程を経て、現在は日本テーラワーダ仏教協会で、上座仏教の普及と瞑想指導に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)