• 本

バカ論

新潮新書 737

出版社名 新潮社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-10-610737-5
4-10-610737-6
税込価格 778円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

相変わらずバカがのさばる世の中だけど、これ以上、黙って見ているのはゴメンだね―。「男女の関係はあったのか?」なんて間抜けなことを聞く芸能レポーター、「この責任をどう取るつもりか」と偉そうに語るコメンテイター、「やりたい仕事が見つからない」と口先で嘆くだけの若者…。迷惑なバカから笑えるバカ、愛すべきバカまで、バカを肴に芸論や人生論を語り尽くす。原点回帰の毒舌全開、ビートたけしの「バカ論」!

目次

はじめに―バカは死んでも治らない
第1章 バカなことを聞くんじゃない
第2章 バカ言ってんじゃない
第3章 渡る世間はバカばかり
第4章 バカがテレビを語っている
第5章 こんなバカが好きなんだ
第6章 たまにはバカな質問に答えようか
おわりに―バカな言い訳

おすすめコメント

迷惑なバカから愛すべきバカ、バカを肴に世評や芸論、人生論を語り尽くす。原点回帰の毒舌全開、ビートたけしがバカの皮を剥がす!

著者紹介

ビートたけし (ビートタケシ)  
1947(昭和22)年、東京都足立区生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後、テレビやラジオのほか、映画や出版の世界でも活躍。97年「HANA‐BI」がベネチア国際映画祭グランプリを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)