• 本

坂口安吾論

出版社名 インスクリプト
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-900997-67-7
4-900997-67-6
税込価格 2,808円
頁数・縦 273P 20cm

商品内容

要旨

日本人の自己欺瞞を蹴倒す安吾的精神、自ら自由人たらんとした未来の作家・安吾。『坂口安吾全集』月報連載170枚に重要評論を精選併録し、今こそアクチュアルな安吾の全体像を描く、柄谷安吾論決定版!単行本初収録250枚。

目次

第1部 坂口安吾について(或る時代錯誤
二つの青春
僧侶と堕落 ほか)
第2部(『日本文化私観』(一九七五年)
安吾はわれわれの「ふるさと」である(一九八一年)
堕落について(一九八八年) ほか)
第3部(新『坂口安吾全集』刊行の辞(一九九七年)
坂口安吾の普遍性(一九九八年)
“対談”新『坂口安吾全集』編集について/関井光男・柄谷行人(一九九八年))

おすすめコメント

筑摩書房版『坂口安吾全集』全18巻の月報に連載された「坂口安吾論」180枚を中心に、未発表の作家論、「「日本文化私観」論」を含む、これまでの重要論考を網羅した、待望の安吾論集成。

著者紹介

柄谷 行人 (カラタニ コウジン)  
1941年8月生まれ、思想家。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)