• 本

さよなら、田中さん

出版社名 小学館
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-09-386484-8
4-09-386484-5
税込価格 1,296円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常の事件を時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる。「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。5編からなる連作短編集。圧倒的小説デビュー作。

出版社・メーカーコメント

14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー 田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。 友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。全5編収録。

著者コメント

始まりは、わずか11枚の手書き原稿でした。花ちゃんとお母さんのささやかな物語が、こんなふうに広がり、連なり、続いていくとは、書いた当初は夢にも思いませんでした。花ちゃん、私のところに来てくれてありがとう。花ちゃんとお母さんのパワーをもらって、書き上げることができました。二人のおかげで、その周囲にいる様々な楽しい人たちにも出会えました。そのひとりひとりが背負う陰と、人生に射す一瞬の光。読み終えたあとに、希望が感じられる小説になっていればいいな、と思います。 

内容抜粋

田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。この、花実とお母さんを中心とした日常の大事件を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。 友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、中学受験を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。全5編収録。

著者紹介

鈴木 るりか (スズキ ルリカ)  
2003年10月17日東京都生まれ。史上初、小学4年生、5年生、6年生時に3年連続で小学館主催『12歳の文学賞』大賞を受賞。現在都内の中学校2年在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)