• 本

ジャナ研の憂鬱な事件簿 2

ガガガ文庫 ガさ11−2

出版社名 小学館
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-09-451703-3
4-09-451703-0
税込価格 680円
頁数・縦 342P 15cm

商品内容

要旨

海新高校ジャーナリズム研究会のメンバーに今回も難題がふりかかってくる。軽音部の歌姫を付け狙うストーカーを撃退するため、ライブ会場に張り込んだ啓介たち。警備体制は完璧だったはずなのに、ストーカーはひそかにライブ会場へと侵入していた…彼は一体どうやって鉄壁の警備をかいくぐった?そして会場内に残された真冬たちの安否は?人質をとってナイフ振り回すストーカー相手に、啓介の知略と推理が冴える…(「耳なし芳一の夜」)。青春の光と影と謎をめぐる、「耳なし芳一の夜」ほか三つの短編を収録。

出版社・メーカーコメント

爽やかな筆致で贈る日常系ミステリー!軽音部の歌姫を付け狙うストーカーを撃退するため、ライブ会場に張り込んだ啓介たち。警備体制は完璧だったはずなのに、ストーカーはひそかにライブ会場へと侵入していた……彼は一体どうやって鉄壁の警備をかいくぐった?そして会場内に残された真冬たちの安否は? 人質をとってナイフ振り回うストーカー相手に、啓介の策略と推理が冴える。(「耳なし芳一の夜」) ユリの姉は、容姿に恵まれたテレビ局の新人アナウンサーである。そんな彼女のもとに、ある日奇妙な手紙が届いた。啓介はユリに頼まれて、その手紙の送り主の本当の意図を突き止めるため推理を始める。そして周囲の力を借りながら辿り着いた真実は、暗く、救いようのないものだった……(「手紙」) とある放課後にジャナ研を訪れてきた、一人の女子生徒。彼女こそ、かつて啓介が脚本盗作事件の犯人として糾弾した島原祐樹の実の妹だった。彼女の言葉をきっかけに、啓介は『キマイラの短い夢』という演劇作品をめぐる騒動の再調査を決意する。そして当時の関係者に話を聞くなかで、意外な新事実が判明する……(「キマイラの短い夢」) 青春の光と影と謎をめぐる、日常系ミステリー三篇を収録。

著者紹介

酒井田 寛太郎 (サカイダ カンタロウ)  
神奈川県生まれ。第十一回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)