• 本

江戸川乱歩と横溝正史

出版社名 集英社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-08-781632-7
4-08-781632-X
税込価格 1,836円
頁数・縦 334P 19cm

商品内容

要旨

日本の探偵小説を牽引した二大巨頭、江戸川乱歩と横溝正史。盟友として、ライバルとして、お互い認め合い、時に対立しつつ、一方が作家として執筆するとき、もう一方は編集者として支えた。太陽と月にも喩えられる日本文学史上稀な関係はどのように生まれ、育まれたのか。二人の大作家の歩みを辿りながら日本の出版史をも描き出す、空前の対比評伝。

目次

第1章 登場―「新青年」〜一九二四年
第2章 飛躍―『心理試験』『広告人形』一九二五〜二六年
第3章 盟友―「江戸川乱歩全集」一九二六〜三一年
第4章 危機―『怪人二十面相』『真珠郎』一九三二〜四五年
幕間―一九四〇〜四五年
第5章 再起―「黄金虫」「ロック」「宝石」一九四五〜四六年
第6章 奇跡―『本陣殺人事件』一九四六〜四八年
第7章 復活―『青銅の魔人』一九四八〜五四年
第8章 新星―『悪魔の手毬唄』一九五四〜〜五九年
第9章 落陽―乱歩死す一九五九〜六五年
第10章 不滅―横溝ブーム一九六五〜八二年

おすすめコメント

江戸川乱歩「君、こんど『犬神家の一族』というのを書くだろう。ぼく犬神だの蛇神だの大嫌いだ」 横溝正史「復活以後の江戸川乱歩こそ悲劇のほかの何者でもない」 日本の探偵小説を牽引した二大巨頭、江戸川乱歩と横溝正史。 盟友として、ライバルとして、お互い認め合い、時に対立しつつ、 一方が作家として執筆するとき、他方は編集者として支えた。 太陽と月にも喩えられる日本文学史上稀な関係は、どのように生まれ育まれたのか。 二人の大作家の歩みを辿りながら、日本のミステリ史のみならず、 日本の出版史をも描き出す、空前の対比評伝! 「江戸川乱歩と横溝正史――二人を太陽と月に喩えることができるかもしれない。 乱歩が旺盛に書いている間、横溝は書かない。横溝が旺盛に書いていると、乱歩は沈黙する。 天に太陽と月の両方が見える時間が短いのと同様に、 二人がともに旺盛に探偵小説を書いている時期は、ごくごく短いのだ」〈本文より〉 「おそらくは、親友でもありライバルでもあった。 だが、何よりも面白い探偵小説を求める同志だった。 二人がなぜ探偵小説を書いていたのかと言えば、 面白い作品がないので自分で書いていたに過ぎない。 乱歩は誰よりも横溝に読んでほしかったし、 横溝もまた乱歩に読んでもらおうと書いていた」〈「青春と読書」2017年11月号より〉

出版社・メーカーコメント

日本の推理小説の祖、江戸川乱歩と横溝正史。二人は片方が作家であったときには片方が編集者として支えるという、唯一無二の協調関係にあった。ミステリの巨匠たちの知られざる愛憎を描く対比評伝。

内容抜粋

●目次 はじめに 第一章 登場――「新青年」〜一九二四年 第二章 飛躍――『心理試験』『広告人形』 一九二五年〜二六年 第三章 盟友――『江戸川乱歩全集』 一九二六〜三一年 第四章 危機 『怪人二十面相』『真珠郎』 一九三二〜四五年 幕間 一九四〇年〜四五年 第五章 再起――『黄金虫』『ロック』『宝石』 一九四五〜四六年 第六章 奇跡――『本陣殺人事件』 一九四六〜四八年 第七章 復活――『青銅の魔人』 一九四八〜五四年第八章 新星――『悪熊の手毬唄』 一九五四〜五九年 第九章 落陽――乱歩死す 一九五九〜六五年 第十章 不滅――横溝ブーム 一九六五年〜八二年 あとがき ●著者プロフィール 中川 右介(なかがわ ゆうすけ) 作家、編集者。1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、代表取締役編集長として雑誌『クラシック・ジャーナル』、音楽家や文学者の評伝や写真集の編集・出版を手掛ける(2014年まで)。その一方で作家としても活躍。クラシック音楽への造詣の深さはもとより、歌舞伎、映画、歌謡曲、漫画などにも精通。膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、歴史に新しい光を当てる執筆スタイルで人気を博している。主な著書に『カラヤンとフルトヴェングラー』『歌舞伎 家と血と藝』『角川映画1976-1986』など。

著者紹介

中川 右介 (ナカガワ ユウスケ)  
作家、編集者。1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、代表取締役編集長として雑誌『クラシックジャーナル』、音楽家や文学者の評伝や写真集の編集・出版を手掛ける(2014年まで)。その一方で作家としても活躍。クラシック音楽への造詣の深さはもとより、歌舞伎、映画、歌謡曲、漫画などにも精通。膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、歴史に新しい光を当てる執筆スタイルで人気を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)