• 本

クリスマスを探偵と

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-309-02616-9
4-309-02616-8
税込価格 1,404円
頁数・縦 79P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「探偵さん、その話、よければ僕に話してくれませんか?」
    舞台はドイツ。探偵カールがクリスマスの夜に出会った、謎の男とは…?
    心温まる聖夜の奇跡。
    伊坂作品のエッセンスすべてが凝縮された、心温まる物語。
    かつての子どもたちへ、これからの大人たちへ。
    誰もが楽しめる物語です。

    (2017年10月30日)

商品内容

要旨

「探偵さん、その話、よければ僕に話してくれませんか?」舞台はドイツ。探偵カールがクリスマスの夜に出会った、謎の男とは…?心温まる聖夜の奇跡。伊坂作品のエッセンスすべてが凝縮された、心温まる物語。かつての子どもたちへ、これからの大人たちへ。

おすすめコメント

舞台はドイツ。探偵・カールがクリスマスの夜に出会った不思議な男とは……? 著者の初小説が自身の手により完全リメイク。フランスのBD作家による描きおろしイラスト付オールカラー絵本。

著者紹介

伊坂 幸太郎 (イサカ コウタロウ)  
1971年、千葉県生まれ。1995年、東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、2008年『ゴールデンスランバー』で本屋大賞と山本周五郎賞を受賞
フィオール,マヌエーレ (フィオール,マヌエーレ)   Fior,Manuele
1975年、イタリアのチェゼーナ生まれ。2000年、建築学の学位をヴェニスで取得後、2005年までベルリンで漫画家、イラストレーター、建築家として働く。2011年『秒速5000km』(“Cinq mille kilom`etres par seconde”)でアングレーム国際漫画祭最優秀作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)