• 本

「手で書くこと」が知性を引き出す 心を整え、思考を解き放つ新習慣「ジャーナリング」入門

出版社名 文響社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-86651-014-9
4-86651-014-5
税込価格 1,166円
頁数・縦 189P 21cm

商品内容

要旨

“書くマインドフルネス”「ジャーナリング」の入門ブック。「ただ、書く」だけで無意識の「あなた」が語り出す―。心を鎮め、自分を深く知ることで仕事、健康、メンタルなどに好影響を与えていきます。

目次

序章 マインドフルネスとは自分の現在地を知る注意深さ
第1章 心を探索するジャーナリングの力
第2章 ジャーナリングの効果を最大限に高める方法
第3章 自分を深く知るためのジャーナリング(ありえない想定で遊ぶ
ほんとうに大事にしたいことを思い出す
見たくない自分にふれる
グレートな自分を探す)
第4章 やる気を自己管理するジャーナリング(どうしても「やる気」が起きないとき
ここ一番、本領発揮したいとき
自信がぐらついてしまうとき
チームの「やる気」に働きかけたいとき)
第5章 ジャーナリングの筋力を鍛えるマインドフルネスワーク

おすすめコメント

無意識の自分に出会える”書くマインドフルネス”入門ブック   ノートとペンを持ち、「ただ、書く」だけで無意識の「あなた」が語り出す―。 “書くマインドフルネス”として知られる「ジャーナリング」の入門ブック。ジャーナリングは自己認識を高め、心身の健康を取り戻すワークとして注目を集めており、GoogleやFacebookなど世界のトップエリートも取り組むマインドフルネスワークです。 本当にやりたいことはなにか、自分が喜んだり怒ったりする真の理由、人生において大事にしていきたいこと…思いつくままに手を動かしていくことで普段は見えない「あなた自身」が姿を現します。さらに、心を鎮めて書き続けることで、集中力、想像力、レジリエンス(回復力)が高まり、仕事、健康、メンタルなどに好影響を与えていきます。 本書は ★「もしも10億円が手に入ったら?」 ★「ドラえもんのポケットを1年間自由に使えるとしたら?」 ★「明日の朝、性別が変わっていたら? ★「どうしても許せない人は?」 ★「あなたが総理大臣として実現したいことは?」 といったジャーナリングに最適なお題を合計80個余り用意。初心者でも気軽にジャーナリングの魅力を楽しんでいただける構成になっています。