• 本

神様のカルテ 0

小学館文庫 な13−4

出版社名 小学館
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-09-406470-4
4-09-406470-2
税込価格 626円
頁数・縦 285P 15cm
シリーズ名 神様のカルテ

商品内容

要旨

人は、神様が書いたカルテをそれぞれ持っている。それを書き換えることは、人間にはできない―。信州松本平にある本庄病院は、なぜ「二十四時間、三百六十五日対応」の看板を掲げるようになったのか?(「彼岸過ぎまで」)。夏目漱石を敬愛し、悲しむことの苦手な内科医・栗原一止の学生時代(「有明」)と研修医時代(「神様のカルテ」)、その妻となる榛名の常念岳山行(「冬山記」)を描いた、「神様のカルテ」シリーズ初の短編集。二度の映画化と二度の本屋大賞ノミネートを経て、物語は原点へ。日本中を温かい心にする大ベストセラー最新作!

出版社・メーカーコメント

300万部ベストセラー『神カル』の原点!上橋菜穂子さん推薦!「命というものの深みに届きながら、信州の風のような爽快さと、静かな明るさがある。これこそ夏川さんの筆の、魔法です」シリーズ300万部突破のベストセラー『神様のカルテ』にまつわる人々の前日譚であり、かつ珠玉の短編集です。栗原一止は、信州にある24時間365日営業の本庄病院で働く内科医。本作では、医師国家試験直前の一止とその仲間たちの友情、本庄病院の内科部長・板垣(大狸)先生と敵対する事務長・金山弁二の不思議な交流、研修医となり本庄病院で働くことになった一止の医師としての葛藤と、山岳写真家である一止の妻・榛名の信念が描かれます。ますます深度を増す「神カル」ワールドをお楽しみください。

著者紹介

夏川 草介 (ナツカワ ソウスケ)  
1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒。長野県にて地域医療に従事。2009年「神様のカルテ」で第十回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は2010年本屋大賞で第二位となり、150万部超のベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)