• 本

深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-04-734840-0
4-04-734840-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 235P 19cm

商品内容

要旨

メッタ切りエッセイ!

目次

男の女の奥義(少し太めのニンジンを見かけるといまでも思い出すあの日のこと
「夜中のテンション」に騙されるな ほか)
エンジョイライフの奥義(オチのない話ができない
あだ名が苦手 ほか)
世の中をナナメから見る奥義(「誰にも嫌われたくない」が高確率で裏目に出るワケ
「バチがあたる」の本当の意味 ほか)
固定観念を打破する奥義(なぜ、子どもにアダルトビデオを見せてはいけないのか
なぜ、イジメはなくならないのか ほか)
深爪なお悩み相談室(38歳バツイチで子なしの彼。いつも寸止めで挿入してくれません。
付き合っている女性がブス。妥協して身を固めるのも選択のひとつ? ほか)

おすすめコメント

Twitterフォロワー13万人突破の「深爪」が送る待望の第2弾!! 多くの有名人が絶賛し、 ネットで大反響を呼んだ前作「深爪式」から1年。ますます磨きがかかる深爪流奥義による メッタ切りエッセイ!

著者紹介

深爪 (フカズメ)  
1970年代生まれ。主婦。2012年11月、軽い気持ちでツイッターを始めたところ、独特の視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え現在は約13万人。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと執筆ジャンルは多様(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)