• 本

自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解

出版社名 金剛出版
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-7724-1586-6
4-7724-1586-6
税込価格 4,104円
頁数・縦 233P 21cm

商品内容

目次

第1部 自閉スペクトラム症の受身性の研究から(なぜ自閉スペクトラム症の受身性に注目するのか?
受身性が発達していく過程:ある家族の物語から
「うちの子に受身性など関係ない」といえるのか?
受身性の3水準モデルと「自分」の生まれ方)
第2部 自閉スペクトラム症を抱える人に心理療法ができること(健全なコミュニケーションと自分と他者のバランス:精神分析的心理療法の考えから
身体がまとまりを得ることとその利点:赤ちゃんの観察から
子どもの心理療法はどう始まって、どう進むの?
子どもの意志に居場所を与える:Aとの心理療法1年目
出てきた意志を消さないために:Aとの心理療法の小学校卒業まで ほか)

著者紹介

松本 拓真 (マツモト タクマ)  
1982年神奈川県生まれ。2004年大阪大学人間科学部卒業。2013年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。児童相談所・クリニック・知的障害児通園施設・教育委員会などで多くの発達障害を抱える子どもの発達相談・心理療法に従事。NPO法人子どもの心理療法支援会にて専門的な訓練を受け、2014年に「子どもの精神分析的心理療法士」資格を取得。現在、岐阜大学教育学部助教、NPO法人子どもの心理療法支援会研修部門統括理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)