トップ > 新聞・TVで話題の本 >
読売新聞書評 6月11日
読売新聞・日曜版の書評コーナー「読書」にて取り上げられた本を紹介します。
 
デディア別書評本
テレビ書評
王様のブランチ
新聞書評
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞
最愛の子ども
松浦理英子/著
文藝春秋
税込価格 1,836円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
“パパ”日夏、“ママ”真汐、“王子”空穂。わたしたちの心をかき立てるのは、同級の女子高生三人が演じる疑似家族。時代を切りひらいて来た作家、最新にして最高の傑作!
 
核密約から沖縄問題へ 小笠原返還の政治史
真崎翔/著
名古屋大学出版会
税込価格 4,860円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
小笠原返還は戦後日米関係の小さなエピソードではない。沖縄の基地問題に影を落としたその実像をアメリカの核戦略の変容を手がかりに解明、非対称な交渉過程がもたらした沖縄問題の知られざる起源を照射する、気鋭の力作。
 
ホサナ
町田康/著
講談社
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
愛犬家が集うバーベキューパーティーが、全ての始まりだった。私と私の犬は、いつしか不条理な世界に巻き込まれていく。栄光と救済。呪詛と祈り。迷える民にもたらされた現代の超約聖書。私たちを救ってください。人間の根源を問う傑作大長編小説。
 
米国と日米安保条約改定 沖縄・基地・同盟
山本章子/著
吉田書店
税込価格 2,592円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
アメリカは安保改定にどう向き合ったのか。アイゼンハワー政権の海外基地政策のなかに安保改定問題を位置づけ、アジア太平洋を視野に入れながら日米交渉の論点を再検討する。
 
ヨハネス・コメニウス 汎知学の光
講談社選書メチエ 646
相馬伸一/著
講談社
税込価格 1,998円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
チェコに生まれ、宗教対立が荒れ狂う17世紀のヨーロッパで苦難の人生を生きたヨハネス・コメニウス。異端判決を受けて処刑されたヤン・フスの系譜を継いだ神学者。チェコ語文学の古典『地上の迷宮と心の楽園』を書いた文学者。『世界図絵』などの教科書を残した教育学者。さまざまな君主と関係をもち、献策した政治活動家。多方向に展開されたその活動の根底にあったのは世界のすべてを把握する「汎知学(パンソフィア)」の構想だった。近代ヨーロッパの源流に立つ知の巨人の全貌を「光」をキーワードにして概観する、初の入門書!
 
中国政治からみた日中関係
岩波現代全書 101
国分良成/著
岩波書店
税込価格 2,592円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
なぜ日中関係は悪化と改善の変動が激しいのだろうか。なぜ歴史問題をめぐる対日批判は収束と再燃を繰り返すのだろうか。その要因は中国国内の権力ゲームの帰趨にある。日中国交正常化から現在まで、中国政治体制は対日政策とどのように密接に関連しているのか、さまざまな事案と資料に基づいて明らかにする。
 
あの頃 単行本未収録エッセイ集
武田百合子/著 武田花/編
中央公論新社
税込価格 3,024円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
没後25年を前に明らかになる、たぐいまれなる文章家の全貌。かたちにならぬまま遺された100余りのエッセイを収める、待望の作品集。
 
ハイン地の果ての祭典 南米フエゴ諸島先住民セルクナムの生と死
アン・チャップマン/著 大川豪司/訳
新評論
税込価格 3,240円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
南米最南端のフエゴ諸島、そこは人間が定住した最南の地だった。白人の到来による迫害と伝染病の蔓延によって絶滅へと至った部族の社会、神話、そして部外者に秘匿されていた祭典の詳細をフエゴ諸島民の研究をライフワークにした人類学者が描く。20世紀初頭の貴重な写真約50点。
 
アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか 樹木19種の個性と生き残り戦略
渡辺一夫/著
築地書館
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
日本を代表する樹木19種を、「森の案内人」のエキスパートである著者が解説。外見の特徴、生き残るための多様な戦略―身近な自然木の魅力にあっと驚く本格的樹木ガイド。
 
富士日記 中巻
中公文庫
武田百合子/著
中央公論社
税込価格 1,008円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
並はずれて奇抜で誰も思い及ばぬ発想のなかで、事物の核心をすべて喝破する、いわば生まれながらの天性の無垢な芸術者が、一瞬一瞬の生を澄明な感性でとらえ、また昭和期を代表する質実な生活をあますところなく克明に記録する。
 
富士日記 下巻
中公文庫
武田百合子/著
中央公論社
税込価格 1,008円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
夫武田泰淳の取材旅行に同行したり口述筆記をしたりする傍ら、特異の発想と感受と表現の絶妙なハーモニーをもって、日々の暮らしの中の生を鮮明に浮き彫りにし、森羅万象や世事万端を貫く洞察により事物の本質を衝く白眉の日記。
 
山尾悠子作品集成
山尾悠子/著
国書刊行会
税込価格 9,504円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
二十年の眠りから目覚める幻の傑作群。“伝説の作家”山尾悠子が残した幻想文学の極北ともいうべき32篇の小説を一巻に集大成。
 
シュルツ全小説
平凡社ライブラリー 557
ブルーノ・シュルツ/著 工藤幸雄/訳
平凡社
税込価格 2,052円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
シュルツの生涯は二十世紀に翻弄されつづけた。ナチスの銃弾に斃れるその最期まで、彼が遺した小説は多くない。自身「現実の神話化」と呼んだ作品群は、特異かつグロテスク、ときに荒唐無稽に近い。だが、そこに真実がないと言えるだろうか。『肉桂色の店』『砂時計サナトリウム』の両短篇集から洩れた四篇を加えた全三十二作品を収録。元本は第五十回読売文学賞受賞。
 
黄色い雨
河出文庫 リ5−1
フリオ・リャマサーレス/著 木村榮一/訳
河出書房新社
税込価格 886円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
沈黙が砂のように私を埋めつくすだろう―スペイン山奥の廃村で、降りつもる死の予兆を前に男は独り身をひそめる。一人また一人と去り行く村人たち、朽ちゆく家屋、そしてあらゆるものの喪失が、圧倒的な孤独と閉塞の詩情を描き出し、「奇蹟的な美しさ」と評された表題作に加え、地方を舞台に忘れ去られた者たちの哀しみを描いた短篇「遮断機のない踏切」「不滅の小説」の訳し下し二篇を収録した文庫オリジナル。
 
黒い時計の旅
白水Uブックス 150 海外小説の誘惑
スティーヴ・エリクソン/〔著〕 柴田元幸/訳
白水社
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
仮に第二次大戦でドイツが敗けず、ヒトラーがまだ死んでいなかったら…。ヒトラーの私設ポルノグラファーになった男を物語の中心に据え、現実の二十世紀と幻のそれとの複雑なからみ合いを瞠目すべき幻視力で描き出した傑作。
 
花の百名山 新装版
文春文庫 た14−5
田中澄江/著
文藝春秋
税込価格 907円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
春の御前山で出会ったカタクリの大群落。あまりの小ささに草地に身を伏せて確かめた早池峰のチシマコザクラ。レブンソウとの新しい出会いで、自分の命が伸びひろがるのを感じる―山と花をこよなく愛した著者が、四季折々の山と花の結びつきを100選び、歴史や自身の思い出とともに綴った読売文学賞受賞作。
 
日本百名山
新潮文庫
深田久弥/著
新潮社
税込価格 810円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
きみは赤ちゃん
文春文庫 か51−4
川上未映子/著
文藝春秋
税込価格 691円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!つわり、マタニティーブルー、分娩の壮絶な苦しみ、産後クライシス、仕事と育児の両立…出産という大事業で誰もが直面することを、芥川賞作家の観察眼で克明に描き、多くの共感と感動を呼んだ異色エッセイが待望の文庫化。号泣して、爆笑して、命の愛おしさを感じる一冊。
 
幸せのありか
PHP文庫 わ1−11
渡辺和子/著
PHP研究所
税込価格 670円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「“優しさ”は“強さ”からしか生まれない」「病んでこそ得られる賜物もある」「倒れても、立ち上がろうとすればいい」…。ミリオンセラー『置かれた場所で咲きなさい』の著者が、身近な体験をまじえて綴った珠玉のエッセイ集。思い通りにいかない人生を笑顔でよりよく生きるための秘訣とは?人間の尊さ、愛の本質、祈ること、自由の意味、謙虚さ…本当に大切なことに気づかせてくれる一冊。
 
置かれた場所で咲きなさい
幻冬舎文庫 心−7−1
渡辺和子/〔著〕
幻冬舎
税込価格 540円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。時間の使い方は、そのままいのちの使い方です。自らが咲く努力を忘れてはなりません。雨の日、風の日、どうしても咲けないときは根を下へ下へと伸ばしましょう。次に咲く花がより大きく、美しいものとなるように。心迷うすべての人へ向けた、国民的ベストセラー。新シリーズ!こころの文庫。
 
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる
SB新書 389
片岡鶴太郎/著
SBクリエイティブ
税込価格 864円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
ほんの少しの習慣で「定年後」を謳歌する!モノマネ芸人、ボクサー、役者、画家、書家、ヨガ、幾つもの顔を持つ逸楽の達人に学べ!
 
春の華客/旅恋い 山川方夫名作選
講談社文芸文庫 やD2
山川方夫/〔著〕
講談社
税込価格 1,836円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
急激に変貌していく戦後日本を背景に新しい感性による現代文学の興隆を牽引し、短い作家活動のうちに数多くの鮮烈な作品を残した山川方夫。その早熟ぶりが同世代の仲間を震撼させた学生時代の作品から、時代を先取りしたモチーフや研ぎ澄まされた文体によってジャンルの枠を超えた才能を開花させた後期作品まで、不慮の事故による早逝が惜しまれる著者の多彩な魅力が凝縮された傑作選。
 
生命とは何か 物理的にみた生細胞
岩波文庫 33−946−1
シュレーディンガー/著 岡小天/訳 鎮目恭夫/訳
岩波書店
税込価格 713円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
量子力学を創造し、原子物理学の基礎をつくった著者が追究した生命の本質―分子生物学の生みの親となった20世紀の名著。生物の現象ことに遺伝のしくみと染色体行動における物質の構造と法則を物理学と化学で説明し、生物におけるその意義を究明する。負のエントロピー論など今も熱い議論の渦中にある科学者の本懐を示す古典。
 
ようこそ!西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ ポップカルチャーで読み解く世界の名画
とに〜/著
誠文堂新光社
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
芸人であり、アートテラーでもあるとに〜が、ポップカルチャーをまじえながら西洋美術史の流れをわかりやすくガイド。気軽に読めて、結構役立つ入門の書!
 
多田富雄コレクション 1
自己とは何か 免疫と生命
多田富雄/著
藤原書店
税込価格 3,024円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「免疫学」の最先端の成果を通じて決定的な知的衝撃を与えた多田富雄の全貌!1990年代初頭、近代的「自己」への理解を鮮烈に塗り替えた多田の「免疫論」の核心と、そこから派生する問題系の現代的意味を示す論考を精選。
 
富士日記 上巻
中公文庫
武田百合子/著
中央公論社
税込価格 1,008円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
夫である作家・武田泰淳との富士山麓での暮らしを、瑞々しい文体で綴った日記。 難しい用語を知らないから、自分が話すときの言葉でしか私は書けない──。 “天衣無縫の文章家”と称えられる著者が、澄んだ眼でとらえた愛すべき生活記録!
 
内容
夫武田泰淳と過ごした富士山麓での十三年間の一瞬一瞬の生を、澄明な眼と無垢の心で克明にとらえ天衣無縫の文体でうつし出す、思索的文学者と天性の芸術者とのめずらしい組み合せのユニークな日記。昭和52年度田村俊子賞受賞作。
 
武田百合子全作品 1
富士日記 上
武田百合子全作品   1
武田百合子/著
中央公論社
税込価格 2,621円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
読む人をその場で、そのまま、元気百倍にしてくれる、不思議な天才の全エッセイ。
 
世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶
後藤健生/著
ミネルヴァ書房
税込価格 2,700円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
世界各地に存在するスタジアムという名の祝祭の場。二〇世紀を象徴するこの空間は戦争や政治の荒波に翻弄されながらも、形や役割を変えて人々に愛され続けている。本書は、なぜスタジアムがその場所に建設されたのか、そこで何が起こったのかを振り返り、戦争とスポーツに象徴された二〇世紀という時代を読み解くものだ。建築や歴史愛好家のみならず、スポーツファン、国際情勢に興味を持つ人にとって必読の一冊である。
 
告白
中公文庫 ま35−2
町田康/著
中央公論新社
税込価格 1,234円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
人はなぜ人を殺すのか―。河内音頭のスタンダードナンバーにうたいつがれる、実際に起きた大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフに、永遠のテーマに迫る著者渾身の長編小説。第四十一回谷崎潤一郎賞受賞作。
 
宿屋めぐり
講談社文庫 ま46−8
町田康/〔著〕
講談社
税込価格 1,132円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
「主よ。主よ。教えてください。俺は正しい航路を進んでいるのですか」主の命で大刀奉納の旅道中の鋤名彦名は、謎のくにゅくにゅの皮に飲み込まれ贋の世界へはまりこむ。真実を求めながらも嘘にまみれ、あらぬ濡れ衣の数々を着せられて凶状持ちとなった彦名。その壮絶な道中の果ては。野間文芸賞受賞作。
 
中西悟堂 フクロウと雷
STANDARD BOOKS
中西悟堂/著
平凡社
税込価格 1,512円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
自然に対して見る目を持つことは気高い事業である―。“日本野鳥の会”創立者、慈愛あふれる鳥と自然の文学。
 
戦後歌舞伎の精神史
渡辺保/著
講談社
税込価格 2,484円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
真の古典劇として成立させた二代目吉右衛門の現代性とは!?歌舞伎とはなにか?戦後日本文化の「精神史」を問う。「女形不要論」の嵐から、勘三郎、三津五郎、そして海老蔵まで。戦後七十年を問い直す!
 
あのころ、早稲田で
中野翠/著
文藝春秋
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
60年代というトンネルの出口は嵐だった―早大闘争、社研、吉本隆明、『青春の墓標』、「ガロ」、GS、喫茶店、ATG、ゴダール、アングラ演劇―あの時代の空気が鮮やかによみがえる。
 
[バックナンバー] 見たい日付をクリックしてください。

このページのトップへ