トップ > 新聞・TVで話題の本 >
毎日新聞書評 バックナンバー 5月14日
「新聞で話題の本」はリニューアルいたしました。 以下のURLへ移動をお願いいたします。 http://www1.e-hon.ne.jp/content/shohyo/index.html
 
デディア別書評本
テレビ書評
王様のブランチ
新聞書評
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞
我々みんなが科学の専門家なのか?
叢書・ウニベルシタス 1055
ハリー・コリンズ/著 鈴木俊洋/訳
法政大学出版局
税込価格 3,024円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
専門家には任せられない!では、どうすればよいのか?単純で極端な立場の対立図式ではなく、価値観の多様性を維持しつつ様々な場面で知識を深め判断形成に参加するために、我々は科学技術にどう向き合えばよいのか。原発、気候変動、ワクチン接種など、日常生活に関わる事例とともに、科学論の第一人者が、「専門知」の適切な捉え方を提言する。
 
軍が警察に勝った日 昭和八年ゴー・ストップ事件
山田邦紀/著
現代書館
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
戦争は軍人の怒声ではなく、正論の沈黙で始まった。大阪の交差点での信号機無視をめぐる兵士と警官の口論は、なぜ戦争へのターニングポイントになったのか?“もの言わぬ日本人”への、戦前史からのメッセージ。
 
評伝石牟礼道子 渚に立つひと
米本浩二/著
新潮社
税込価格 2,376円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
石牟礼道子九〇歳、かくも激しい憩い初の本格評伝。
 
苦海浄土 わが水俣病 新装版
講談社文庫
石牟礼道子/〔著〕
講談社
税込価格 745円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病。この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽な記録を綴った。本作は、世に出て三十数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき“いのちの文学”の新装版。
 
フリードリヒ・シラーの生涯
ジークリット・ダム/著 中村元保/共訳 渡辺洋子/共訳
同学社
税込価格 3,888円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
生誕250周年、親しみやすい文章でいきいきと人間シラーを描く。
 
たくみと恋
岩波文庫
シラア/作 実吉捷郎/訳
岩波書店
税込価格 540円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
 
ヴァレンシュタイン
岩波文庫
シラー/作 浜川祥枝/訳
岩波書店
税込価格 972円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
名実ともにドイツを代表する偉大な劇作家、シラー(一七五九‐一八〇五)。三十年戦争を背景に、運命劇としてのギリシャ悲劇と性格劇としてのシェイクスピア劇の手法を融合発展せんとくわだてた、シラー渾身の、雄大なスケールをほこる傑作歴史悲劇。新訳。
 
ヴィルヘルム・テル
岩波文庫
シラー/作 桜井政隆/訳 桜井国隆/訳
岩波書店
税込価格 713円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
 
群盗
文庫赤 410− 1
シラー 著 久保 栄 訳
岩波書店
税込価格 670円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
18世紀後半、ドイツでは政治経済が沈滞する一方で文化・芸術が異常な活況を呈した。シラーはゲーテと共にこのシュトゥルム・ウント・ドラング期を代表する存在であり、処女作『群盗』は時代の記念碑である。失われた自由を求めるあまり盗賊隊長となって社会に抵抗する主人公カアルの心情は今も現代人の強い共感をよぶ。
 
フィエスコの叛乱
文庫赤 410−13
シラー 野島 正城
岩波書店
税込価格 605円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
 
深読み!絵本『せいめいのれきし』
岩波科学ライブラリー 260
真鍋真/著
岩波書店
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
半世紀以上にわたって読み継がれてきたバージニア・リー・バートンの絵本『せいめいのれきし』。この絵本をこよなく愛し、改訂版を監修した恐竜博士が、地球が生まれてから今この瞬間まで続く、長い長い命のリレーのお芝居の見どころを解説。隅ずみにまで描き込まれたしかけを読み解き、最新の情報を紹介。カラー版。
 
歴史の工房 英国で学んだこと
草光俊雄/〔著〕
みすず書房
税込価格 4,860円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
本書、『明け方のホルン 西部戦線と英国詩人』で文名を馳せたイギリス社会経済史・文化史家にして英国王立歴史学会フェローの、待望のエッセイ選である。「英国へ留学してからも、わたしが親近感を持てる歴史家たちはみな左翼といわれる人たちだった。本書でもその人となりを語った恩師のラファエル・サミュエルはいってみれば英国の左翼をそのまま体現しているような人物だった。またわたしの博士論文の主査であり、彼の主催するセミナーに熱心に出席し大きな影響を受けたエリック・ホブズボウムもイギリス左翼の代表的な歴史家であった。」その親方サミュエルを偲ぶ「歴史工房での徒弟時代」、最初に研究員となった「ニーダム研究所」の回想、トレヴェリアン再評価をめぐる「歴史は文学か科学か」、長年の交友から論じられる「人文主義者ピーター・バーク」など歴史学の骨法を語る第1部。「商業、宗教、帝国と中世主義」の見取り図のもと、ラスキン、モリス、ワイルドとアーツ・アンド・クラフツ運動を論じ、柳宗悦、御木本隆三の足跡をたどる第2部。リベラル・イングランド、ブルームズベリ・グループを語り、近年のテーマである「植物学の帝国」を収める第3部。多岐にわたる主題を貫くのは、著者がイギリスで身につけた生活の思想であり、鴎外の史伝にも似た風通しの良さに他ならない。
 
明け方のホルン 西部戦線と英国詩人
大人の本棚
草光俊雄/〔著〕
みすず書房
税込価格 2,700円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
第一次大戦に出征したマイナー・ポエットたち。夭逝、長生を問わず、戦地で傷つき、故郷を想った彼らの内なる叫びをすぐれた歴史家が繊細な筆致で伝える。
 
無冠の男 松方弘樹伝
松方弘樹/著 伊藤彰彦/著
講談社
税込価格 1,944円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
「役者に勲章は要らない。他人様の記憶に残ればそれでいい…」病に倒れる2ヵ月前に語り尽くしていた魂のインタビュー。出演・関連映画作品全リスト掲載。
 
春画で学ぶ江戸かな入門
車浮代/著 吉田豊/著
幻冬舎
税込価格 1,728円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
書入れがわかれば春画鑑賞の楽しみ倍増!北斎、歌麿、國芳らの人気作でくずし字を読む楽しさが味わえる。読みたい気持ちがわいてくる、くずし字学習決定版。
 
中国政治からみた日中関係
岩波現代全書 101
国分良成/著
岩波書店
税込価格 2,592円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
なぜ日中関係は悪化と改善の変動が激しいのだろうか。なぜ歴史問題をめぐる対日批判は収束と再燃を繰り返すのだろうか。その要因は中国国内の権力ゲームの帰趨にある。日中国交正常化から現在まで、中国政治体制は対日政策とどのように密接に関連しているのか、さまざまな事案と資料に基づいて明らかにする。
 
人の心は読めるか? 本音と誤解の心理学
ハヤカワ文庫 NF 496
ニコラス・エプリー/著 波多野理彩子/訳
早川書房
税込価格 929円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
他人の心を理解するのは難しいけれど、家族や親しい仲間の気持ちならわかると思っていたら、それは大きな勘違い。人は予想以上に相手の心が読めていないのだ。仕事でも私生活でも、相手を理解することは物事を円滑に進めるために不可欠な要素なのに、なぜ不必要な誤解や対立は起きてしまうのか?人間の偉大な能力「第六感」が犯すミスを認識し対人関係を向上させる方法を、シカゴ大学ビジネススクール教授が解き明かす。
 
子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝
荒木田隆子/著
福音館書店
税込価格 3,456円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
『三びきのやぎのがらがらどん』「ナルニア国ものがたり」など、子どもたちに愛され読み継がれる絵本やファンタジー作品の数々で、名翻訳者として知られる瀬田貞二氏。戦後の焼け跡が残る日本で「私は自らのあらゆる能力と時間を、子どもたちにむかって解放しなくてはならない」と決心した氏が、それからどのように子どもの本に関わっていったのか―。担当編集者として携わった著者が一九七〇年代を振り返りながら、生涯“自分流に子どもの本とつきあう暮らし”をつづけた瀬田貞二氏の軌跡をたどる。
 
指輪物語 1
第一部 旅の仲間 上1
評論社文庫
J・R・R・トールキン/〔著〕 瀬田貞二/訳 田中明子/訳
評論社
税込価格 756円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死…。全世界数千万人の愛読者を魅了した、傑作中の傑作。すべてのファンタジーは、ここからはじまった!
 
内容
恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの、果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ―。旧版の訳をさらに推敲、より充実して読みやすく美しい、待望の「新版」。
 
ポルコさまちえばなし スペインのたのしいお話
岩波おはなしの本
ロバート・デイヴィス/文 瀬田貞二/訳 F.アイヘンバーグ/絵
岩波書店
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
あおい目のこねこ
世界傑作童話シリーズ
エゴン・マチーセン/さく・え せたていじ/・やく
福音館書店
税込価格 1,296円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
ねずみをさがして冒険にでた、こねこの出会うさまざまなできごとを、簡潔で、テンポの早い語り口でユーモラスに物語ります。幼児のためのお話としてすでに古典の地位を獲得した作品。
 
人形の家
岩波文庫
イプセン/〔著〕 原千代海/訳
岩波書店
税込価格 605円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
げんきなマドレーヌ
世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本
ルドウィッヒ・ベーメルマンス/作・画 瀬田貞二/訳
福音館書店
税込価格 1,404円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
よあけ
世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本
ユリー・シュルヴィッツ/作・画 瀬田貞二/訳
福音館書店
税込価格 1,296円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
おすすめコメント
【1】たのしいうれしい(^o^)【2】おじいさん/まご/山/湖【3】5才【4】6分【5】32ページ【6】240×260mm【7】静まりかえった夜明け前の湖。やがてさざなみが立ち、もやがこもり、こうもり、蛙、鳥たちが目を覚ましました。(読み聞かせにオススメ)
 
おだんごぱん ロシア民話
日本傑作絵本シリーズ
瀬田貞二/訳 脇田和/画
福音館書店
税込価格 1,296円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
【1】おやおやf(^_^;) 【2】おじいさん/おばあさん/おだんごパン/ウサギ/オオカミ/クマ/キツネ 【3】4才から 【4】12分 【5】24ページ 【6】310×220mm 【7】おだんごパンが逃げ出した。どこまで逃げられる?そして最後はキツネに・・・。おだんごパンの歌も楽しい。ロシア民話より。
 
落穂ひろい 日本の子どもの文化をめぐる人びと 上・下巻・付録
瀬田貞二/著
福音館書店
税込価格 18,360円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
室町時代から,昭和までの子どものまわりに花咲いた数々の文化を,豊富な資料で語る児童文化史。(教育図書総目録より)
 
絵本論 瀬田貞二子どもの本評論集
瀬田貞二/著
福音館書店
税込価格 4,860円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
生涯を子どもの本に関わり続けた著者の絵本論。平易に絵本の本質を明かし,あるべき姿を示す。(教育図書総目録より)
 
児童文学論 全2巻 瀬田貞二 子どもの本
瀬田 貞二 著
福音館書店
税込価格 10,800円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
『落穂ひろい』『絵本論』につづく著者の評論集、第3弾。子どもの本の「今」と「これから」を考える上で必読。
 
あとは野となれ大和撫子
宮内悠介/著
KADOKAWA
税込価格 1,728円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
中央アジアのアラルスタン。ソビエト時代の末期に建てられた沙漠の小国だ。この国では、初代大統領が側室を囲っていた後宮を将来有望な女性たちの高等教育の場に変え、様々な理由で居場所を無くした少女たちが、政治家や外交官を目指して日夜勉学に励んでいた。日本人少女ナツキは両親を紛争で失い、ここに身を寄せる者の一人。後宮の若い衆のリーダーであるアイシャ、姉と慕う面倒見の良いジャミラとともに気楽な日々を送っていたが、現大統領が暗殺され、事態は一変する。国の危機にもかかわらず中枢を担っていた男たちは逃亡し、残されたのは後宮の少女のみ。彼女たちはこの国を―自分たちの居場所を守るため、自ら臨時政府を立ち上げ、「国家をやってみる」べく奮闘するが…!?内紛、外交、宗教対立、テロに陰謀、環境破壊と問題は山積み。それでも、つらい今日を笑い飛ばして明日へ進み続ける彼女たちが最後に掴み取るものとは―?
 
盤上の夜
創元SF文庫 SFみ2−1
宮内悠介/著
東京創元社
税込価格 886円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
彼女は四肢を失い、囲碁盤を感覚器とするようになった―。若き女流棋士の栄光をつづった表題作をはじめ、同じジャーナリストを語り手にして紡がれる、盤上遊戯、卓上遊戯をめぐる6つの奇蹟。囲碁、チェッカー、麻雀、古代チェス、将棋…対局の果てに人知を超えたものが現出する。デビュー作品集ながら直木賞候補となり、日本SF大賞を受賞した、2010年代を牽引する新しい波。
 
ヨハネスブルグの天使たち
ハヤカワ文庫 JA 1200
宮内悠介/著
早川書房
税込価格 799円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
戦災孤児のスティーブとシェリルは、見捨てられた耐久試験場で何年も落下を続ける日本製ホビーロボット・DX9の捕獲に挑むが―泥沼の内戦が続くアフリカの果てで懸命に生きる少年少女を描いた表題作、9・11テロの悪夢が甦る「ロワーサイドの幽霊たち」など、日本製の玩具人形を媒介に人間の業と本質に迫る連作5篇。デビュー作『盤上の夜』に続く直木賞候補作にして、日本SF大賞特別賞に輝く第2短篇集、文庫化。
 
カブールの園
宮内悠介/著
文藝春秋
税込価格 1,458円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
わたしたちの世代の最良の精神はどこにあるのか。日系アメリカ女性のレイ(玲)は、過去への旅に出る。SF界の異才による、リアルな世界の“いま”
 
イザベラ・バードの日本紀行 上
講談社学術文庫 1871
イザベラ・バード/〔著〕 時岡敬子/訳
講談社
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
一八七八年、横浜に上陸した英国人女性イザベラ・バードは、日本での旅行の皮切りに、欧米人に未踏の内陸ルートによる東京‐函館間の旅を敢行する。苦難に満ちた旅の折々に、彼女は自らの見聞や日本の印象を故国の妹に書き送った。世界を廻った大旅行家の冷徹な眼を通じ、維新後間もない東北・北海道の文化・習俗・自然等を活写した日本北方紀行。
 
イザベラ・バードの日本紀行 下
講談社学術文庫 1872
イザベラ・バード/〔著〕 時岡敬子/訳
講談社
税込価格 1,382円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
北海道へ到達したバードは、函館を起点に道内を巡行、当地の自然を楽しみ、アイヌの人々と親しく接してその文化をつぶさに観察した。帰京後、バードは一転、西へと向かい、京都、伊勢神宮、大津等を巡って、日本の伝統文化とも触れ合う。発展途上の北海道と歴史に彩られた関西―そこで目にした諸諸に、時に賛嘆、時には批判、縦横に綴った名紀行。
 
かわうそ堀怪談見習い
柴崎友香/著
KADOKAWA
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
読みかけていた本が、―ない。思い出さないほうがいい記憶が―よみがえる。別の世界との隙間に入り込んでしまったような。見慣れた風景の中にそっと現れる奇妙なものたち、残された気配。怖い日常。芥川賞作家が「誰かが不在の場所」を見つめつつ、怖いものを詰め込んだ怪談集。
 
いま知っておきたい天皇と皇室 気になる動向と素朴な疑問に答える本
山下晋司/著
河出書房新社
税込価格 1,512円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
天皇の退位をめぐって議論が沸騰するなかでさまざまな立場、意見の差異が鮮明になった。そこには、皇室の明日を考えるうえでひじょうに重大なポイントが潜んでいる。素朴な疑問、興味深いトピックスから掘り起こし“天皇報道”にまつわるモヤモヤを解消する!
 
みどりの町をつくろう 災害をのりこえて未来をめざす
アラン ドラモンド/さく まつむらゆりこ/やく
福音館書店
税込価格 1,512円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
 
[バックナンバー] 見たい日付をクリックしてください。

このページのトップへ