トップ > 新聞・TVで話題の本 >
日本経済新聞書評 バックナンバー 1月15日
「新聞で話題の本」はリニューアルいたしました。 以下のURLへ移動をお願いいたします。 http://www1.e-hon.ne.jp/content/shohyo/index.html
 
デディア別書評本
テレビ書評
王様のブランチ
新聞書評
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞
貸本マンガと戦後の風景
高野慎三/著
論創社
税込価格 2,700円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
貸本マンガから見える戦後社会と大衆文化。
 
熱狂の王ドナルド・トランプ
マイケル・ダントニオ/著 高取芳彦/訳 吉川南/訳
クロスメディア・パブリッシング
税込価格 1,922円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストによる徹底取材!政治はもちろん、経済、人種、メディア、貧困、格差…いまアメリカが直面するリアルな問題が、この男の軌跡から見えてくる。
 
トランプ
マイケル・クラニッシュ/著 マーク・フィッシャー/著 野中香方子/訳 池村千秋/訳 鈴木恵/訳 土方奈美/訳 森嶋マリ/訳
文藝春秋
税込価格 2,268円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
民主主義の内なる敵
ツヴェタン・トドロフ/〔著〕 大谷尚文/訳
みすず書房
税込価格 4,860円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
シリア内戦、IS、難民、テロ。「進歩、自由、人民」というリベラルな理念が内なる敵を生み出す。新たな多元主義と民主主義再生へ向けた、渾身の政治文化論。
 
権力の終焉
モイセス・ナイム/著 加藤万里子/訳
日経BP社
税込価格 2,160円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
今日の権力は行使も維持も困難である。権力そのものが、かつてない方法で攻撃されているからだ。権力の衰退・劣化が、富裕層だけでなく中間層と生活困窮者に与える影響を分析。経済、政治、社会、ビジネスなど、あらゆる分野におけるその要因と影響を明らかにする!フィナンシャル・タイムズ「2014年ベストブック」アリアナ・ハフィントン絶賛。マーク・ザッカーバーグ主宰ブッククラブ第1回選出の話題作。
 
人工知能が変える仕事の未来
野村直之/著
日本経済新聞出版社
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
人工知能(AI)の活用によって、ホワイトカラーの仕事、企業の経営、多様な産業はどう変わっていくのか?30年以上にわたり、人工知能(AI)の研究に携わり、現在も日々、AI関連の研究・技術開発を続け、昨今、内外のAI事情に通じた著者、通称「ドクター・ノムラン」が、AIの実態、AIにできること、産業、ビジネス、仕事へのインパクトを、最新の知見に「温故知新」の視点を加えつつ、掘り下げて展望します。現在のAIブームを支えるディープラーニングの本質をわかりやすく伝えるとともに、知的生産プロセス、IoT、医療・ヘルスケア、監視機能が重要となる様々なサービス、製造業、広告、マーケティング、農林水産業、そして人事、人材マッチングに至るまで、AIをどう活かすことができるのか解説します。本書では、著者が研究者の視点、産業応用を目指す技術者の視点に立ち、責任をもって考え抜き、経済社会、法律についても考察を加え、全体に一貫性をもたせるように腐心。シンギュラリティ論に代表される、AIに関する誤った未来予測、悲観論、過剰な期待論を退け、産業・ビジネスから教育、法制度に至るまで、日本が欧米中国に伍して取り組むべきAI開発の課題も展望します。また、一人ひとりがAIに負けない能力を身につけるために何が必要か、明らかにします。
 
100歳の精神科医が見つけたこころの匙加減
高橋幸枝/著
飛鳥新社
税込価格 1,188円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
半世紀以上にわたり、医師として患者と向き合ってきた著者が明かす、毎日を心穏やかに、ちょうどよく?生きるための40の真理!100年生きてきて、思うのは匙加減の大切さです。「生きていく」とは、見極めていく営みにこの匙加減をほかなりません。――本文より?あらゆる不幸は人と比べることから始まる?誰かと話すだけで心は温かくなる?「ちょっと不便」なくらいが体にはちょうどいい?断ることも立派な愛情表現?いい歳をして、見返りなんて求めなさんな?言葉にしないと、やさしさは伝わらない……etc.
 
111歳、いつでも今から
後藤はつの/著
河出書房新社
税込価格 1,404円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
73歳の手習いで始めた絵に夢中、80歳代から99歳まで、100号の油絵を描き続ける。100歳を超えてからは、アメリカ旅行、個展、新たに始めた百人一首…。いつも笑顔の111歳!その素晴らしい絵と生き方エピソードを紹介。
 
まいにちを味わう
吉沢久子/著
あさ出版
税込価格 1,404円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
自分なりに生きて、自分なりのいい人生をつくる―。先のことは誰にもわからない。できるのは、ただ今を生きることだけ。今を一生懸命に生きて、今日という一日を充実させる。
 
内田百間集成 9
ノラや
ちくま文庫
内田百間/著
筑摩書房
税込価格 1,080円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
『猫は煙を気にする様である。消えて行く煙の行方をノラは一心に見つめている。…「こら、ノラ、猫の癖して何を思索するか」「ニャア」と返事をしてこっちを向いた。ノラはこの頃返事をする。』(「ノラや」より)。百諱宅に入りこみ、ふいに戻らなくなったノラ。愛猫の行方を案じ嘆き続ける「ノラや」を始めとして、猫の話ばかりを集めた二十二篇。
 
阿呆の鳥飼
中公文庫 う9−10
内田百間/著
中央公論新社
税込価格 864円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「小鳥に夢中になっている間の面白さは、小鳥を飼った事のない者には迚も解りません」(表題作)。鴬の鳴き方が悪いと気に病み、衝動買いした訓狐のために眠れない夜を過ごす。漱石山房に文鳥を連れて行く…『ノラや』の著者が小動物たちとの暮らしを綴る掌篇集。
 
クルやお前か
旺文社文庫
内田百間/著
旺文社
税込価格 324円
絶版につきご注文できません

商品詳細画面へ
 
愛は戦渦を駆け抜けて 報道カメラマンとして、女として、母として
リンジー・アダリオ/著 堀川志野舞/訳
KADOKAWA
税込価格 2,052円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
職業、フォトジャーナリスト。主な職場は、戦場。写真一枚が十ドルで売れたのをきっかけに、趣味のカメラで生計を立てられると知ったのは二十二歳の頃。フリーの通信員としてキャリアを積んだ二〇〇一年。9・11が世界を変え、対テロ戦争が彼女を戦場カメラマンへと導いた。アフガニスタン、イラク、スーダン、リビアなどを巡り、写真一枚のために命を賭ける生活を続けて十五年。その間に、伴侶も子どもも得た。仕事に伴うリスクから難しい選択を何度も迫られるも、彼女はこの仕事を「わたしの幸せ」と自信をもって言う。仕事の幸せも、日常の幸せも諦めなかったジャーナリストの半生記。
 
三木清教養論集
講談社文芸文庫 みL2
三木清/〔著〕 大澤聡/編
講談社
税込価格 1,620円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
「教養といわれるのは単に専門的乃至職業的知識のことでなく、人間が真に人間らしくなるために必要な知識のことである。」ファシズムが台頭する昭和初期の日本社会で、のびやかに思考し時代と共に息づく教養の重要性を説いた孤高の哲学者、三木清。読書論・教養論・知性論の三部構成で、その思想の真髄に迫る。
 
日本と中国経済 相互交流と衝突の一〇〇年
ちくま新書 1223
梶谷懐/著
筑摩書房
税込価格 972円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
日中関係に付きまとうもどかしさ。それは、「経済関係が良好でも、どこかで「政治」が邪魔をする」一方、「政治的な関係が悪化しても、「経済」のつながりはなくならない」ところにある。この構図は最近になってはじまったわけではなく、近代以降の両国の交渉において何度となく繰り返されてきたのである。日本(人)は中国(人)をどのように理解し、付き合ってきたのか。経済関係を軸に政治・社会状況の考察を織り交ぜながら、一筋縄ではいかない両国関係の本質を解き明かす。
 
戦争する国にしないための中立国入門
平凡社新書 832
礒村英司/著
平凡社
税込価格 842円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
二百年以上の歴史をもつ安全保障政策である中立政策。歴史上最も有名な永世中立国スイスを筆頭に、オーストリアやスウェーデン、フィンランド、コスタリカなどが永世中立や中立主義を掲げるが、現在中立政策は岐路に立っている。一方、戦後すぐの日本でも中立化が議論され、批判を受けつつも、非武装永世中立の可能性が論じられつづけている。
 
俳句と暮らす
中公新書 2412
小川軽舟/著
中央公論新社
税込価格 842円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
花鳥風月を詠む優雅な趣味の世界―。これが俳句のイメージだろう。だが、日々の小さな発見を折に触れ書き留められるところにこそ、俳句本来の魅力がある。本書では、俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「飯を作る」「会社で働く」「妻に会う」「病気で死ぬ」などさまざまな場面を切り取りつつ、俳句とともに暮らす生活を提案。平凡な日常をかけがえのない記憶として残すための俳句入門。
 
ようこそアラブへ 母親にだけは逆らえない、社会は元から不平等、試験官だってズルをする???不可解で魅力的なアラブ人
ハムダなおこ/著
国書刊行会
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
内戦がくすぶる中東社会で、燦然と輝き続ける未来都市ドバイ。高賃金、安全、宗教的な保護を求め世界中から集まる人々は、自らの能力を頼りに未来を掴もうと凌ぎあっている。その姿はまた未来の世界の縮図でもある。世界人口の四分の一となったムスリムの思考や価値観を、日常生活を綴った身近なエッセイの中で解き明かす本著。そこに見える必然は、新鮮な驚きに満ちている。
 
米中もし戦わば 戦争の地政学
ピーター・ナヴァロ/著 赤根洋子/訳
文藝春秋
税込価格 2,095円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
米国の一級の専門家たちが分析。トランプ政策顧問が執筆!
 
現地レポート世界LGBT事情 変わりつつある人権と文化の地政学
フレデリック・マルテル/〔著〕 林はる芽/訳
岩波書店
税込価格 4,212円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
女性の人権、報道・言論の自由、市民のインターネット利用などの度合いによって塗り分けられた世界地図は、LGBT(性的マイノリティ)解放の地図とほぼ一致する。LGBTの権利は今や基本的人権として認識されはじめており、LGBT問題に対する各国の態度はその国の民主主義の成熟度や現代性を測る基準となる。グローバル化・デジタル化により、同性愛者の解放は進んでいる。その一方で、同性愛が死罪の国は一〇か国、違法の国は七六か国存在する。約五〇か国を取材し、文化やメディアの状況にも目配りしつつ、各国のLGBTのおかれている状況をレポートする。
 
「快傑ハリマオ」を追いかけて
二宮善宏/著
河出書房新社
税込価格 2,160円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
消えたハリマオ俳優・勝木敏之をさがし求めて―。昭和35年4月5日、伝説の番組は始まった。まだ戦争の余燼さめやらぬ中、この草創期のテレビは何を描いたのか?あれから半世紀余、ドラマを作ったスタッフも俳優も今は遠い。昭和の「夢」と、関係者を追った、もうひとつの“戦後ノンフィクション”貴重写真も充実!
 
国家と石綿 ルポ・アスベスト被害者「息ほしき人々」の闘い
永尾俊彦/著
現代書館
税込価格 2,916円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
石綿被害から、この国のかたちを見つめる。命より優先される国益とは何なのか?防げたはずの大阪・泉南のアスベスト被害はなぜ起きてしまったのか?今も続く理不尽な人命軽視に立ち向かい、“群像の勝利”を歴史に刻むまでの軌跡を追った渾身のルポルタージュ。
 
最後の資本主義
ロバート・B・ライシュ/著 雨宮寛/訳 今井章子/訳
東洋経済新報社
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
中間層の消滅を警告し続けた経済学者、米国の良心、絶望と希望を語る。「トランプ誕生!」の深層。
 
新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる
小宮山宏/著 山田興一/著
日経BP社
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
課題先進国日本、プラチナ社会に続き、明るい未来への進路を示す!小宮山未来構想の総仕上げ。
 
ゼロからの経営戦略
シリーズ・ケースで読み解く経営学 1
沼上幹/著
ミネルヴァ書房
税込価格 2,160円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
優れた戦略が企業を成長させる。ストライプインターナショナル、すかいらーく、TOTO、幸楽苑、ハイデイ日高、パーク24、コマツ、富士重工業、富士フイルムホールディングス、ヤマトホールディングス、ソニー。生きた事例11から学ぶ。
 
宇宙災害 太陽と共に生きるということ
DOJIN選書 72
片岡龍峰/著
化学同人
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
近場の宇宙空間の利用が進み、火星への移住計画が話題になる現代。私たちは、地球を取り巻く宇宙空間について、どれだけ理解しているだろうか。本書ではまず、通信障害、衛星墜落、世界停電などの事例から、宇宙災害とは何かを紹介。地球と宇宙のつながりを理解する研究の様子が、現場での体験と共に生き生きとした筆致で描かれる。さらに、全球凍結や大量絶滅をめぐる仮説を提示し、近い将来の現実的な宇宙利用の方向性までも探る。天の川銀河を旅する太陽系に暮らす私たちが、これからも地球で健やかに生きていくための教養がつまった1冊である。
 
ふつうの暮らし、あたりまえの絵 小林孝亘の制作ノート
小林孝亘/著
求龍堂
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
制作ノートの役割も自分の変化とともに少しずつ変わってきた。しかし制作ノートが絵の支えになっていることは明らかで、自分の分身だと言っても言い過ぎではないと思う。無駄な時間は、決して無駄ではない。画家・小林孝亘、初めてのエッセイ!
 
[バックナンバー] 見たい日付をクリックしてください。

このページのトップへ