トップ > 新聞・TVで話題の本 >
日本経済新聞書評 バックナンバー 4月16日
「新聞で話題の本」はリニューアルいたしました。 以下のURLへ移動をお願いいたします。 http://www1.e-hon.ne.jp/content/shohyo/index.html
次のページへ>>   1 2
デディア別書評本
テレビ書評
王様のブランチ
新聞書評
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞
経営の行動指針 土光語録
土光敏夫/著
産能大学出版部
税込価格 1,728円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
本書は、編者が今まで秘蔵していた未公開の新語録を軸に、混迷の時代に血肉となり指針となる書に再構築。旧語録の解説改訂も実施して現代に応えた、前著を凌ぐ名著。
 
落日燃ゆ
新潮文庫 し−7−18
城山三郎/著
新潮社
税込価格 767円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。
 
運を天に任すなんて 人間・中山素平
新潮文庫
城山三郎/著
新潮社
税込価格 432円
絶版につきご注文できません

商品詳細画面へ
内容
「財界の鞍馬天狗」「日本の羅針盤」の異名をもつ中山素平は、日本の経済復興を語る上で欠かせない銀行マンである。GHQの興銀無用論を突っぱねて興銀中興の祖となり、海運業界の再編、山一証券への日銀特融、八幡・富士製鉄の合併など、難事解決にあたり名を馳せた。辛辣な発言、粘り強い交渉と巧みな根回し。リーダーが備えるべき人心掌握の術を豊富なエピソードで描く傑作評伝。
 
粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯
文春文庫
城山三郎/著
文藝春秋
税込価格 551円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
三井物産に35年間在職し、華々しい業績をあげた後、78歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”―。明治人の一徹さと30年に及ぶ海外生活で培われた合理主義から“卑ではない”ほんものの人間の堂々たる人生を著者は克明な取材と温かな視線で描いた。ベストセラー作品の待望の文庫化。
 
もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界
文春文庫
城山三郎/著
文藝春秋
税込価格 594円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
石坂泰三―第一生命、東芝社長を歴任、高度成長期に長年、経団連会長を務め、“日本の陰の総理”“財界総理”と謳われた、気骨ある財界人の生涯を描いた長篇小説。
 
ビッグボーイの生涯 五島昇その人
講談社文庫
城山三郎/〔著〕
講談社
税込価格 463円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
 
王陽明 知識偏重を拒絶した人生と学問
PHP文庫 や4−14 現代活学講話選集 7
安岡正篤/著
PHP研究所
税込価格 617円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
著者には、東京帝国大学の卒業記念として出版された『王陽明研究』と、「王陽明伝―王陽明の生涯と教学」(王陽明生誕五百年記念『陽明学大系 第一巻』所載、昭和46年)の名著がある。本書は、この名著を下敷きに、「分りやすく」と「平明に」を念頭に、王陽明と陽明学について説いた講話集である。難解と言われる陽明学の入門書にして、本シリーズの掉尾を飾るに相応しい、師の「陽明学第三の名著」である。
 
指導者とは
文春学藝ライブラリー 雑英 3
リチャード・ニクソン/著 徳岡孝夫/訳
文藝春秋
税込価格 1,793円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
「私が知った偉大な指導者は、すべて心の底の底では非常に感情的な人だったが、それは彼らが実に人間的だったことの何よりの証拠だろう」。チャーチル、ドゴール、マッカーサー、吉田茂…第二次大戦後の時代を率いた世界の指導者たちの素顔とは?権力の栄光と挫折を知り尽くした米大統領だから書けた、二十世紀リーダー論の最高峰。
 
マネジメント 基本と原則
P.F.ドラッカー/著 上田惇生/編訳
ダイヤモンド社
税込価格 2,160円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない!ドラッカー経営学の集大成を一冊に凝縮。自らの指針とすべき役割・責任・行動を示し、新しい目的意識と使命感を与える書。
 
坂の上の雲 1 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。
 
坂の上の雲 2 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
戦争が勃発した…。世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍少佐秋山好古は騎兵を率い、海軍少尉真之も洋上に出撃した。一方正岡子規は胸を病みながらも近代短歌・俳句を確立しようと、旧弊な勢力との対決を決意する。
 
坂の上の雲 3 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
日清戦争から十年―じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないから」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。しかし、両国の激突はもはや避けえない。病の床で数々の偉業をなしとげた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃えつきるようにして、逝った。
 
坂の上の雲 4 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 756円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また連合艦隊の参謀・少佐真之も堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。
 
坂の上の雲 5 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 756円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
強靭な旅順要塞の攻撃を担当した第三軍は、鉄壁を正面から攻めておびただしい血を流しつづけた。一方、ロシアの大艦隊が、東洋に向かってヨーロッパを発航した。これが日本近海に姿を現わせば、いま旅順港深く息をひそめている敵艦隊も再び勢いをえるだろう。それはこの国の滅亡を意味する。が、要塞は依然として陥ちない。
 
坂の上の雲 6 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
作戦の転換が効を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地を轟かせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊に巨大な圧力がのしかかった。やせ細った防御陣地は蹂躪され、壊滅の危機が迫った。
 
坂の上の雲 7 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。そのとぼしい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。だが、果然、逆襲されて日本軍は処々で寸断され、時には敗走するという苦況に陥った。
 
坂の上の雲 8 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 756円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
本日天気晴朗ナレドモ浪高シ―明治三十八年五月二十七日早朝、日本海の濛気の中にロシア帝国の威信をかけたバルチック大艦隊がついにその姿を現わした。国家の命運を背負って戦艦三笠を先頭に迎撃に向かう連合艦隊。大海戦の火蓋が今切られようとしている。感動の完結篇。巻末に「あとがき集」他を収む。
 
竜馬がゆく 1 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く。
 
内容
「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。
 
竜馬がゆく 2 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く。
 
内容
黒船の出現以来、猛然と湧き上ってきた勤王・攘夷の勢力と、巻き返しを図る幕府との抗争は次第に激化してきた。先進の薩摩、長州に遅れまいと、固陋な土佐藩でクーデターを起し、藩ぐるみ勤王化して天下へ押し出そうとする武市半平太のやり方に、限界を感じた坂本竜馬は、さらに大きな飛躍を求めて、ついに脱藩を決意した。
 
竜馬がゆく 3 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く。
 
内容
浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。
 
竜馬がゆく 4 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
志士たちで船隊を操り、大いに交易をやり、時いたらば倒幕のための海軍にする―竜馬の志士活動の発想は奇異であり、ホラ吹きといわれた。世の中はそんな竜馬の迂遠さを嘲うように騒然としている。反動の時代―長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権も瓦解した。が、竜馬はついに一隻の軍艦を手に入れたのであった。
 
竜馬がゆく 5 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
相次ぐ抗争で多くの志士の血が流れたが、竜馬の奔走によって大政奉還が実現、日本は救われる。維新政策には竜馬の精神が生きていた。
 
内容
池田屋ノ変、蛤御門ノ変と血なまぐさい事件が続き、時勢は急速に緊迫する。しかし幕府の屋台骨はゆるんだようにも見えない。まだ時期が早すぎるのだ…次々死んでゆく同志を想い、竜馬は暗涙にむせんだ。竜馬も窮迫した。心血を注いだ神戸海軍塾が幕府の手で解散させられてしまい、かれの壮大な計画も無に帰してしまった。
 
竜馬がゆく 6 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
相次ぐ抗争で多くの志士の血が流れたが、竜馬の奔走によって大政奉還が実現、日本は救われる。維新政策には竜馬の精神が生きていた。
 
内容
幕府を倒すには薩摩と長州が力を合せれば可能であろう。しかし互いに憎悪しあっているこの両藩が手を組むとは誰も考えなかった。奇蹟を、一人の浪人が現出した。竜馬の決死の奔走によって、慶応二年一月、幕府の厳重な監視下にある京で、密かに薩長の軍事同盟は成った。維新への道はこの時、大きく未来に開かれたのである。
 
竜馬がゆく 7 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
相次ぐ抗争で多くの志士の血が流れたが、竜馬の奔走によって大政奉還が実現、日本は救われる。維新政策には竜馬の精神が生きていた。
 
内容
同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還―幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立する―無血革命方式であった。
 
竜馬がゆく 8 新装版
文春文庫
司馬遼太郎/著
文藝春秋
税込価格 702円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
おすすめコメント
相次ぐ抗争で多くの志士の血が流れたが、竜馬の奔走によって大政奉還が実現、日本は救われる。維新政策には竜馬の精神が生きていた。
 
内容
慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。―時勢はこの後、坂を転げるように維新にたどりつく。しかし竜馬はそれを見とどけることもなく、歴史の扉を未来へ押しあけたまま、流星のように…。巻末に「あとがき集」を収む。
 
ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
ホッド・リプソン/著 メルバ・カーマン/著 山田美明/訳
日経BP社
税込価格 2,160円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
自動運転車が走り始めるのはいつ?実用化を阻んでいるのは何か?既存の自動車メーカーは生き残れる?交通事故死傷者はどのくらい減る?自動運転車はどんな仕組みで動くのか?最新の自動運転技術はどんなもの?人の運転に比べてどの程度安全か?自動運転車産業の覇者は誰か?もうそこまで来ている自動運転社会の疑問にすべて答える!
 
原子炉の蟹
講談社文庫
長井彬/〔著〕
講談社
税込価格 566円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
 
東京の下町 新装版
文春文庫 よ1−55
吉村昭/著 永田力/繪
文藝春秋
税込価格 832円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
昭和二年生まれの著者が幼少年期を過ごした大都会の中のふるさと、東京・日暮里。諏方神社の夏祭り、トンボ採り、ベイゴマ、凧遊び、上野動物園の黒ヒョウ脱走事件、物売り、演芸、火事、映画館、大相撲、初めて食べたカレーそばの味、そして空襲…戦前の庶民の姿を活き活きと描き、生活史の貴重な記録ともなった名エッセイ。
 
国ゆたかにして義を忘れ
河出文庫 い28−4
井上ひさし/著 つかこうへい/著
河出書房新社
税込価格 691円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
それぞれのやり方で時代を駆け抜けた14歳差の天才作家が、小説、演劇はもちろん、好きな映画や俳優・女優のこと、作品を産み出す苦しみについて、さらに社会情勢、国家、家族、お金の話まで…のびやかに、しかし時に鋭く語り合った傑作対談集。待望の文庫化!
 
あきれた紳士の国イギリス ロンドンで専業主夫をやってみた
平凡社新書 840
加藤雅之/著
平凡社
税込価格 864円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
通信社の国際派記者が妻の転勤にともない会社を辞め、ロンドンで家事と小学生の娘の世話に専念することに。それまでの生活から一変、娘を学校に送り迎えする日々。車に乗ればクラクションを鳴らしまくり、狭い道を飛ばすのがイギリス流。それなのに、時間に遅れもネバーマインド。「紳士の国」の実態を専業主婦の目線からユーモラスに描く。
 
1984年の歌謡曲
イースト新書 080
スージー鈴木/著
イースト・プレス
税込価格 980円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「田舎」と「ヤンキー」を仮想敵にした“シティ・ポップ”―バブル経済前夜、1984年は日本の歌謡曲においても大きな転回点だった。70年代から始まった「歌謡曲とニューミュージックの対立」は、「歌謡曲とニューミュージックの融合」に置き換えられた。同時に、「シティ・ポップ」=「東京人による、東京を舞台とした、東京人のための音楽」が誕生。それは都会的で、大人っぽく、カラカラに乾いたキャッチコピー的歌詞と、複雑なアレンジとコードを駆使した音楽であり、逆に言えば、「田舎」と「ヤンキー」を仮想敵とした音楽でもあった。1984年、それは日本の大衆音楽が最も洗練されていた時代―。
 
原点THE ORIGIN 戦争を描く、人間を描く
安彦良和/著 斉藤光政/著
岩波書店
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、『虹色のトロツキー』など歴史に材をとった作品を世に送ってきた漫画家・安彦良和。戦い、殺し合ってしまう人間を、彼は、なぜ、どのように描いてきたのか。東奥日報記者・斉藤光政がその人生に迫り、ついに安彦本人も自らの「原点」を綴った。生い立ち、学生運動、アニメ・マンガ界での出会いと模索…。作品世界の背後には、この人間観があった!
 
虹色のトロツキー 1
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 3
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 4
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 5
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 6
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 7
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
虹色のトロツキー 8
中公文庫 コミック版
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 679円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
 
王道の狗 1
中公文庫 Cや3−30 CHUKO COMICS
安彦良和/著
中央公論新社
税込価格 778円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
明治時代中期、北海道開拓に使役させられていた若い囚人二人は脱獄し、それぞれの道を歩み始めた……。壮大なスケールで描く歴史長篇!
 
[バックナンバー] 見たい日付をクリックしてください。

次のページへ>>   1 2
このページのトップへ