トップ > 新聞・TVで話題の本 >
日本経済新聞書評 バックナンバー 5月20日
「新聞で話題の本」はリニューアルいたしました。 以下のURLへ移動をお願いいたします。 http://www1.e-hon.ne.jp/content/shohyo/index.html
 
デディア別書評本
テレビ書評
王様のブランチ
新聞書評
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞
読売新聞
暗い時代の人々
森まゆみ/著
亜紀書房
税込価格 1,836円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
大正末から戦争に向かうあの「暗い時代」を、翔けるように生きた9つの生の軌跡を、評伝の名手が描き出す!
 
台湾北部タイヤル族から見た近現代史 日本植民地時代から国民党政権時代の「白色テロ」へ
菊池一隆/著
集広舎
税込価格 2,970円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
 
資本主義、社会主義、民主主義 2
NIKKEI BP CLASSICS
ヨーゼフ・シュンペーター/著 大野一/訳
日経BP社
税込価格 2,592円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
「民主主義とは何か?」という根本問題を提起し、古典的民主主義から現代の民主主義、社会主義との関係を考察した示唆に富む論考。
 
騎士団長殺し 第2部
遷ろうメタファー編
村上春樹/著
新潮社
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
騎士団長殺し―第2部 遷ろうメタファー編― 物語はここからどこに 進んでいこうとしているのか? その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

『第1部 顕れるイデア編』はこちら
 
資本主義、社会主義、民主主義 1
NIKKEI BP CLASSICS
ヨーゼフ・シュンペーター/著 大野一/訳
日経BP社
税込価格 2,808円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
起業家精神、イノベーション、創造的破壊。卓抜な動的資本主義論で再び脚光を浴びる知的巨人の預言の書。
 
前川春雄「奴雁」の哲学 世界危機に克った日銀総裁
浪川攻/著
東洋経済新報社
税込価格 1,728円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
毅然として信念を貫いたリーダーがいた!内外激動の1980年代を乗り切った、手腕と人物像に迫る。
 
小説日本銀行
角川文庫
城山三郎/著
角川書店
税込価格 720円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
エリート集団、日本銀行の中でも出世コースの秘書室の津上は、インフレの中で父の遺産を定期預金する。金融政策を真剣に考える“義通”な彼は、あえて困難な道を選んだ…。(瀬沼茂樹) (角川書店提供)
 
真説経済・金融の仕組み 最近の政策論議、ここがオカシイ
横山昭雄/著
日本評論社
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
リフレ政策を支えている通説に対し、GDPやお金とは何か、から丁寧に解説しつつ、“正しい”金融のメカニズムを提示する。
 
1995年1月・神戸 「阪神大震災」下の精神科医たち
中井久夫/編
みすず書房
税込価格 1,620円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
内容
半ば火にあぶられたオリーヴの木、水分をしたたかに含んだこの一本のオリーヴが、火元の病院から風下の家を守った。「この木のおかげで私の家は焼けなかったのですよ」と狭い小路からおばさんが出てきて言った。この病院の47名の患者と院長の母堂とは、当直医1名ナース2名他1名より成る職員の努力で、全員救出された。
 
これからの防災・減災がわかる本
岩波ジュニア新書 603
河田惠昭/著
岩波書店
税込価格 907円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
家で、学校で、外出先で、もし災害に遭ったら?年々、大災害が増加し、被害も拡大しています。いつどこで災害に遭っても命と財産を守れる「減災」社会に変えていくにはどうしたらよいか。災害のメカニズムを知り、適切な危機管理能力を身につけ、みなさんが自分で考えて行動できるようになるための一冊。
 
リーダーの生き方と教師力 思いやりと愛情を形に
帆足文宏/著 佐久間裕之/著
悠雲舎
税込価格 1,512円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
各界のリーダーの生き方の根源には、深い愛情があります。卓越した教師は、学び手に愛情を指導力で示す力があります。これは、リーダーの生き方と指導の視点を見つけられる教師のための書です。
 
徳川家康 1 新装版
講談社漫画文庫 よ1−100
横山光輝/著 山岡荘八/原作
講談社
税込価格 1,080円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
忍従と権謀術数に生き抜いた家康、開巻! 今川・織田、二つの強国に挟まれた松平・水野両家の命運は? 水野家から14歳の於大が松平広忠に嫁ぐという政略、又、離別も政略。ただ竹千代の成長のみが……
 
三内丸山は語る 縄文社会の再検証
久慈力/著
新泉社
税込価格 2,376円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
衣食住の獲得、男女間の営みが基本となる自治社会、とりわけ、生殖、子育て、台所仕事、食事、農作業、手仕事に価値をおく社会、それが縄文社会であり、三内丸山社会であった。自然共生の視点から“三内丸山”を解読する。
 
おいしい野菜作り80種 無農薬・有機栽培で育てる
新井敏夫/監修 主婦の友社/編
主婦の友社
税込価格 1,620円
現在ご注文できません

商品詳細画面へ
 
騎士団長殺し 第1部
顕れるイデア編
村上春樹/著
新潮社
税込価格 1,944円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降っていたが、谷の外側はだいたい晴れていた…。それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕れるまでは。

『第2部 遷ろうメタファー編』はこちら
 
村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!
大森望/著 豊崎由美/著
河出書房新社
税込価格 799円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
『騎士団長殺し』は第○章を読めばすべてがわかる!部品はみんな村上春樹なのに…ワースト作?『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』『1Q84』はBOOK3がなければ…村上春樹の10年を徹底放談。
 
みみずくは黄昏に飛びたつ Haruki Murakami A Long,Long Interview
村上春樹/語る 川上未映子/訊く
新潮社
税込価格 1,620円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
芥川賞作家にして、少女時代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。騎士団長とイデアの関係は?比喩はどうやって思いつく?新作が何十万人に読まれる気分は?見返したい批評家はいる?誰もが知りたくて訊けなかったこと、その意外な素顔を、鮮烈な言葉で引き出す。11時間、25万字の金字塔的インタビュー。
 
現金の呪い 紙幣をいつ廃止するか?
ケネス・S・ロゴフ/著 村井章子/訳
日経BP社
税込価格 3,024円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
高額紙幣が支える脱税・犯罪・地下経済。現金が大胆なマイナス金利政策の邪魔になる。ブロックチェーンの登場で暗号通貨が現金を駆逐?―現金、あるいは紙幣は、財政や金融を巡る今日の悩ましい問題の多くでカギを握る存在となっている。
 
恋するソマリア
高野秀行/著
集英社
税込価格 1,728円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
台所から戦場まで!世界一危険なエリアの正体見たり!!アフリカ、ソマリ社会に夢中になった著者を待ち受けていたのは、手料理とロケット弾だった…。『謎の独立国家ソマリランド』の著者が贈る、前人未踏の片想い暴走ノンフィクション。講談社ノンフィクション賞受賞第一作。
 
謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア
高野秀行/著
本の雑誌社
税込価格 2,376円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
世界一危険な国ソマリアのなかに十数年平和に暮らす独立国家がある?世界を揺るがすルポルタージュ〈刮目〉大作。
 
色いろ花骨牌
小学館文庫 く12−1
黒鉄ヒロシ/著
小学館
税込価格 648円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
四十数年前、赤坂に「乃なみ」という旅館があった。そこに夜な夜なメンバーが集まり、始まるのは、麻雀、花札、カード。だが中心はあくまでも座談の楽しさにあった。吉行淳之介さん曰く、「ま、気取って言えばサロンのようなものですな」。高名な作家・俳優・芸術家たちの中に、ある日、まだ二十代の青年が加わった。今は亡き、個性溢れる人々との交流を生き生きと描いた超面白エッセイ集。主役は九人。吉行淳之介・阿佐田哲也・尾上辰之助(初代)・芦田伸介・園山俊二・柴田錬三郎・秋山庄太郎・近藤啓太郎・生島治郎、ほかに脇役たちも多士済済。交遊録の名品、初文庫化。
 
極悪鳥になる夢を見る
文春文庫 き35−3
貴志祐介/著
文藝春秋
税込価格 724円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
ある時はスッポンに詫びつつ鍋を調理し、ある時はなぜ緑色の哺乳類がいないかを考察。またある時は読む者を不安にする早口言葉をひねり出し、阪神タイガースには常に無償の愛を注ぐ…当代一流の知性派作家の意外な素顔の数々。機知と刺激溢れる初エッセイ集。講演「文学におけるヒューマニズムと悪について」を文庫特別収録。
 
駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿
SB新書 392
首都圏鉄道路線研究会/著
SBクリエイティブ
税込価格 886円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
誰もが日頃使っている鉄道駅。自宅と職場の最寄り駅以外にも乗り換え駅や得意先がある駅、買い物に訪れる駅など、そんな駅の特徴、性格などを各種ランキング化することで改めて気づく首都圏(1都3県)のダイナミズム!通勤時意外と座れる駅から、本当に住みやすい駅(街)まで、「駅のコスパ」を徹底分析!『沿線格差』に続く第2弾!!
 
沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿
SB新書 354
首都圏鉄道路線研究会/著
SBクリエイティブ
税込価格 886円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
勝ち組10路線と負け組8路線を発表!ブランドタウン充実路線から、酒盛り列車と呼ばれる路線まで、各沿線の愛すべき個性を徹底分析!
 
人はこうして「食べる」を学ぶ
ビー・ウィルソン/著 堤理華/訳
原書房
税込価格 3,024円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
好き嫌いは遺伝で一生変わらない?肥満、偏食、拒食、過食…危険は承知しているが、ではどうすればいい?注目のフードジャーナリストが、日本やフィンランドの例も紹介しながら、最新の知見と「食べる技術」「食べさせる知恵」を“母親目線”で探るユニークな書!ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ガーディアン他で激賞。料理とワインについての良書を選定するアンドレ・シモン賞特別賞(二〇一五年)受賞。ロンドンの老舗百貨店が主催するフォートナム・アンド・メイソン・フード&ドリンク賞(フードブック部門/二〇一六年)受賞。
 
私の名前はルーシー・バートン
エリザベス・ストラウト/著 小川高義/訳
早川書房
税込価格 1,944円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
ルーシー・バートンの入院は、予想外に長引いていた。幼い娘たちや夫に会えないのがつらかった。そんなとき、思いがけず母が田舎から出てきて、彼女を見舞う―。疎遠だった母と他愛ない会話を交わした五日間。それはルーシーにとって忘れがたい思い出となる。ピュリッツァー賞受賞作『オリーヴ・キタリッジの生活』の著者が描く、ある家族の物語。ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー。
 
オリーヴ・キタリッジの生活
ハヤカワepi文庫 70
エリザベス・ストラウト/著 小川高義/訳
早川書房
税込価格 1,015円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
アメリカ北東部にある小さな港町クロズビー。一見何も起こらない町の暮らしだが、人々の心にはまれに嵐も吹き荒れて、いつまでも癒えない傷痕を残していく―。住人のひとりオリーヴ・キタリッジは、繊細で、気分屋で、傍若無人。その言動が生む波紋は、ときに激しく、ときにひそやかに周囲に広がっていく。人生の苦しみや喜び、後悔や希望を静かな筆致で描き上げ、ピュリッツァー賞に輝いた連作短篇集。
 
戦後歌舞伎の精神史
渡辺保/著
講談社
税込価格 2,484円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
真の古典劇として成立させた二代目吉右衛門の現代性とは!?歌舞伎とはなにか?戦後日本文化の「精神史」を問う。「女形不要論」の嵐から、勘三郎、三津五郎、そして海老蔵まで。戦後七十年を問い直す!
 
2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する
英『エコノミスト』編集部/著 土方奈美/訳
文藝春秋
税込価格 1,836円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
二〇〇〇年代初頭、シリコンバレーの『WIRED』誌では、「日本の女子高生ウォッチ」なるコラムが人気を博していた。日本の多機能のガラケーとそれを使いこなす女子高生は、未来を先取りしていると考えたのだ。それは、iPhoneの未来を予測していた―。こうした未来を予兆する「限界的事例」を現在に求めてみる。アフリカではスマホで当事者間が金融決済をしている。BMWi3の車体は、炭素繊維を編み上げて造っている。テクノロジー予測で全世界的な信頼を持つグローバルエリート誌が総力をあげて大胆予測!
 
2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する
文春文庫 エ9−1
英『エコノミスト』編集部/著 東江一紀/訳 峯村利哉/訳
文藝春秋
税込価格 1,026円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
全世界で155万人以上が購読する唯一無二の週刊誌「エコノミスト」が、明快なデータ分析と独創的な視点で“35年後の世界”を大胆予測!政治体制はどう変わるのか?新たにG7に加わる国は?産業革命は起こるのか?そして日本の未来は…?話題沸騰のグローバルエリート必読の書、待望の文庫化!
 
特攻隊映画の系譜学 敗戦日本の哀悼劇
戦争の経験を問う
中村秀之/著
岩波書店
税込価格 3,456円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
戦後を通して映画や小説の中で描かれ続けてきた特攻隊。しかし特攻隊は、すでに戦中から雑誌や映画を通して儀礼的な表象として構築され流通していた―特攻隊をめぐる戦後の表象が、単なる想起や再現、美化や歪曲ではなく、戦中の変奏的反復であることを、戦時下の劇映画から『永遠の0』(二〇一三)にいたるまでの特攻隊映画の変遷を通して解き明かす。
 
サボる政治 惰性が日本をダメにする
坂本英二/著
日本経済新聞出版社
税込価格 1,728円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
首相や閣僚を2カ月拘束して、何も変えない予算審議。ほとんど不要な参院は「ねじれ国会」で有害に変わる。9条堅持で「普通の国」、憲法を空洞化させる護憲派。高齢者への福祉優先で、子供の安全は後回しの自治体。4年に3回は大型選挙、政治をしている暇がない…。日本には国益を損なう制度が根雪のように残っている。経験豊富な記者が、政治が手をつけない問題の数々を鋭く追及し、解決の糸口を具体的に提示する。
 
北海タイムス物語
増田俊也/著
新潮社
税込価格 1,836円
お取り寄せ

商品詳細画面へ
内容
平成2年。全国紙の採用試験にすべて落ち、北海道の名門紙・北海タイムスに入社した野々村巡洋。縁もゆかりもない土地、地味な仕事、同業他社の6分の1の給料に4倍の就労時間という衝撃の労働環境に打ちのめされるが…会社存続の危機に、ヤル気ゼロだった野々村が立ち上がる!休刊した実在の新聞社を舞台に、新入社員の成長を描く熱血お仕事小説。『七帝柔道記』の“その後”を描く感動作。
 
中国・アジア外交秘話 あるチャイナハンドの回想
谷野作太郎/著
東洋経済新報社
税込価格 2,592円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
日中国交正常化、平和条約締結、天皇訪中から、歴史問題、慰安婦問題、尖閣・南シナ海問題まで、元中国大使が綴る、外交の舞台裏。
 
人間の安全保障と平和構築
東大作/編著
日本評論社
税込価格 2,808円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
国家から保護を受けられない人たちを、いかにして国際社会は救えるのか。
 
誓います 結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味
ダン・サヴェージ/〔著〕 大沢章子/訳
みすず書房
税込価格 3,240円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
現代の結婚に意味はない?人生の墓場?結婚につきもののそんな疑問や不安に向き合いつつ、結婚の意味を探究するノンフィクション。それが婚姻の単なる損得勘定に堕さないのは、著者たちが婚姻制度に守られていない同性カップルだからだ。驚くほど多彩なパートナーシップのあり方を見聞して考え抜いた二人は、ちょっと型破りな結婚観、そして納得の結末にたどり着く。読みながらあなたの結婚観も揺さぶられ、試されずにはいられない。婚姻につきまとう固定観念、そして広がりつつある虚無感への、痛烈な一撃となるか。著者の出世作『キッド』とともに、家族やパートナーシップの多様な形態が共存できる社会を目指す、等身大のアクション。
 
キッド 僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか
ダン・サヴェージ/〔著〕 大沢章子/訳
みすず書房
税込価格 3,456円
通常1〜2日で出荷

商品詳細画面へ
内容
同性カップルが養子縁組によって子どもを迎えるまでの事の次第を等身大で綴った痛快ノンフィクション。ダンとテリーはゲイのカップル。オープン・アダプション(開かれた養子縁組)で子どもを迎えようと決めた二人だが、男二人で「育ての親」になるという挑戦に加え、「生みの母親」であるホームレスのパンク少女メリッサの事情も絡んで、縁組成立まで一喜一憂の道のりに…。前例のないさまざまなステップを踏破して、ついに愛する息子D・Jの親になるまでの自身の体験を、機知とユーモアたっぷりに語る。自虐&下ネタ満載で(その実、真摯に)経験を語り、同性愛への偏見に対しては辛辣な皮肉の乱れ撃ち!この愛すべき著者は、世界的なムーブメントとなったIt Gets Better Projectの発起人にして「アメリカで最も有名な同性愛者の権利擁護活動家の一人」(ハフィントンポスト)。何が人を親にするんだろう、家族って何だろう―読み進むほどにページを繰る手がもどかしいほど加速する、新しいかたちの家族の誕生物語。
 
[バックナンバー] 見たい日付をクリックしてください。

このページのトップへ