トップ > 書店ホームページ >
はるかぜ書店のレビュー
 


はるかぜ書店は神奈川県横須賀市で若者の就労支援の場としてNPO法人アンガージュマン・よこすかが運営している本屋です。

書店ホームページを見る

1 2 3 4

掲載レビュー全74件
 
無慈悲な昼食
エベリオ・ロセーロ/著 八重樫克彦/〔ほか〕訳
作品社
税込価格  1,944円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
混沌の一夜
おすすめ度:
月曜日は娼婦に火曜日は不良に水曜日は盲人に木曜日は老人に金曜日は母子に。

貧しい人々に昼食を施す慈悲深き教会。

その陰に渦巻く欲望がある一夜、滲み出る。

そして、大酒飲みの神父の歌声が、救済の鐘のように響き渡り、

混沌の夜は更けてゆく。

ひと癖ある人々ばかりが登場し、

欺瞞に満ちた教会の重苦しさと夢のような浮遊感の同居する不思議な小説です。(り)
(2015年08月25日)
理系の子 高校生科学オリンピックの青春
文春文庫 S15−1
ジュディ・ダットン/著 横山啓明/訳
文藝春秋
税込価格  886円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

おすすめ度:
自由研究、というと多くの人が思い浮かべるのは夏休みの宿題でしょう。
国際学生科学フェアは、その規模を大きく内容をより専門的にしたものといえます。

優勝を目指して世界中から集まった少年少女の背後には、それぞれの物語があります。
自らの興味に従って未知の事柄を探求していく彼らの情熱を通して、学ぶことの本質が伝わります。

科学とはけして無味乾燥なものではなく、
それぞれの置かれた環境から生まれた疑問に真摯に向き合っていく姿勢だと感じられます。(り)
(2015年02月04日)
君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた
若松英輔/著
河出書房新社
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
大切な誰かを、何かを失った時に。

忘れるのではなく寄り添うことで、その中に慰めを見出していく悲しみとの向き合い方。

石牟礼道子、T・S・エリオット、池田晶子、ディケンズなど古今東西の著作からも言葉を引きつつ、悲しみとともにある人に、おだやかに語りかける手紙。(り)
(2015年02月04日)
術語集 気になることば
岩波新書 黄版 276
中村雄二郎/著
岩波書店
税込価格  842円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
ことばを通して世界を知ろうとしたときに、まずはそのことばが何を意味するのかを知らなくてはなりません。

著者によって選びだされた「気になることば」は、有機的につながりあって、現代思想への手掛かりとなります。

自分ならどんなことばを選び、どのようにとらえるかを対比させながら読むことで思索が深まります。(り)
(2015年02月04日)
カン単!カン動!缶たしレシピ88
マルハニチロ食品缶たし部/監修
扶桑社
税込価格  926円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
おなかすいた! すぐ食べたい! 

似たようなレシピ集はいくつか出版されていますが、缶詰を一つの食材として使っていることが特徴です。
お手軽だけど、ちゃんと料理してます。

缶詰って便利だけど、そのままじゃちょっと味気ない・・・
そんな方はこれを読んで作ってみては?

※マルハニチロ監修だけに使われているのは魚介系缶詰のみです。(り)
(2015年02月04日)
ジーノの家 イタリア10景
文春文庫 う30−1
内田洋子/著
文藝春秋
税込価格  691円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
やわらかく陰鬱な影をまとった街並みと、そこで暮らす人々。
著者が大胆に踏み込んでいくそこは、明るい日差しの下笑顔あふれる陽気なイタリアというイメージとは一味違った姿を見せてくれます。

「ふつうの生活に、イタリアの真の魅力がある」という著者の言葉は、それを切り取る鮮やかな視線があるからこそ、説得力を持って示されています。

一つ一つが短編小説のように、ざらりとした手触りを残す佳作揃いです。(り)
(2015年01月06日)
ひみつの王国 評伝石井桃子
尾崎真理子/著
新潮社
税込価格  2,916円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

おすすめ度:
ピーターラビットで、うさこちゃんで、ゆかいなかえるで、こねこのぴっちで、クマのプーさんで、誰もがいしいももこの訳文に触れてきたことでしょう。

しかし幼い読者であった私たちは、物語に親しんではいても、その訳者にまで思いを馳せることはありませんでした。

自らを語ることのなかった「いしいももこ」の王国を、長時間のインタビューと膨大な資料をもとに描きだした労作です。
時代背景、文壇や出版業界との関わり、晩年に書き下ろした「幻の朱い実」とそれを生み出した稀有な友情。私たちの知らなかった石井桃子が見えてきます。(り)
(2015年01月06日)
キャラクターバカ一代
荷宮和子/著
バジリコ
税込価格  1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
キャラクター文化を語り尽くした一冊。
特に、作者と年齢の近い1960〜70年代生まれなら、懐かしさに打ちのめされること必至。

豊富な写真を眺めつつ、あ〜こんなのあったな〜とページをめくれば、かわいいグッズを手にしたときのトキメキがよみがえります。

神奈川からは鳩サブレーやシウマイのひょうちゃんも取り上げられていますよ!(り)
(2015年01月06日)
シャルキュトリー フランスのおそうざい
渡辺麻紀/著
池田書店
税込価格  1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
パリのお店に並ぶ代表的なお惣菜。
なるべく現地の味を再現するようにと、手の込んだレシピもありますが、クラシックな料理の楽しさが伝わります。

手の込んだパイ包みやテリーヌから、気軽にできるキャロットラぺやいんげんのエテュヴェ、きのこのマリネ。煮込み料理やオシャレなサラダも豊富に載っていて、おもてなしにも使えます。

この本のレシピで、豚バラのビール煮フランドル風を作ってみたところ、とっても柔らかくて美味しかったですよ。(り)
(2015年01月06日)
結局、どうして面白いのか 「水曜どうでしょう」のしくみ
佐々木玲仁/著
フィルムアート社
税込価格  1,944円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
いまだに再放送の続く「水曜どうでしょう」。
深夜にふと見かけると、ついつい見てしまいますよね。
そして、見終わると何だかほっこりしますよね。

でも、何が面白いのかと聞かれると、説明するのは至難の業。
男4人がサイコロに従ってグダグダとたびしたり、ジャングルに行ったり、四国をお遍路したり。
未見の人に、行き当たりばったりなダラダラ感が良いんだと言うたび、相手はそれのどこが面白いの?と首をかしげ、説明している自分も、う〜ん肝心なことが伝わらない・・・と首をかしげる始末。

そんなどうでしょうフリークのモヤモヤが、心理学者の手によって解き明かされる!

読み終わったら、その良さを確認すべく、また「水曜どうでしょう」を見たくなります。(り)
(2015年01月06日)
木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」
通崎睦美/著
講談社
税込価格  2,052円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
幼き日、偶然同じ舞台に上がった木琴奏者平岡養一。数十年の時を経て、マリンバ奏者となった著者が平岡の足跡を辿ります。

日本とアメリカ二つの国をまたにかけ、その歴史に翻弄されつつも演奏を続けた平岡。
複雑な音色を可能にしたマリンバの台頭で、楽器としての木琴が衰退していくなかでも、その平明な音色を愛し、最後までこだわりを持って演奏を続けた。

平岡の木琴を手にし、その志を受け継ぐ著者だからこそ書くことのできた、戦前戦中戦後を木琴とともに生き抜いた音楽家の軌跡。

読後再びまえがきに戻り、著者が初めて平岡と出会った場面を読むと胸が熱くなります。(り)
(2015年01月06日)
わたしが降らせた雪
グレース・マクリーン/著 堀川志野舞/訳
早川書房
税込価格  2,376円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

おすすめ度:
わたしの世界に雪が降ったら、現実の世界も真っ白に染まった。

少女の起こした奇跡の恩寵と災厄。
世界はわたしの手にあるのか、わたしが世界の手の内に閉じ込められているのか。
小さな町で育つ少女の、絶望と成長の物語。

作中の季節に合わせて、雪の降る季節に読むのがお薦めです。(り)
(2015年01月06日)
3月のライオン March comes in like a lion 10
JETS COMICS 126
羽海野チカ/著 先崎学/将棋監修
白泉社
税込価格  525円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
学校での桐山君やひなたの様子、香田家の母親の視点、川本家の満腹メニュー、新登場入江さんの将棋との向き合い方・・・
重層的に描きだされる桐山君の置かれている世界。

ときて終盤、あの人の登場によって川本家に波乱が・・・
そして、桐山君の衝撃の発言!

れいちゃん、ど、どうしちゃったのー!? 
と、うろたえつつもキュンキュンするのは読者冥利に尽きますね。

大人への自覚か、こどもの無鉄砲か。
ここからどう展開していくのか、すでに次巻が待ち遠しい!
まさに、大人のための少女マンガ。(り)
(2014年12月11日)
アラスカへ行きたい Almost ALL ABOUT ALASKA
石塚元太良/著 井出幸亮/著
新潮社
税込価格  2,484円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
「アラスカへ行きたい」
この書名に彼の地に魅せられた著者2人の心の叫びが表れています。

カルチャーからアクティビティまで、何度も現地を訪れたからこそ見えてきたアラスカの魅力が満載。
単なる旅行ガイドではなく、極北の地の自然、そこに生きる人々、生活や文化も丁寧に描かれています。

実際に触れてなお深まるアラスカへの憧憬の詰まった一冊です。



(2014年12月11日)
神様のホテル 「奇跡の病院」で過ごした20年間
ビクトリア・スウィート/著 田内志文/訳 大美賀馨/訳
毎日新聞出版
税込価格  2,592円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
アメリカ最後の救貧院と言われるラグナ・ホンダ病院に勤務しつつ、十二世紀の修道女ヒルデガルドの行った治療行為と研究する著者が見つめた、医療の現場。

現代医療にとって替わられた中世の医療を紐きながら、そしてある時はサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩き、医療の本質を見極めようとする著者の思索と実際の医療現場で医師として触れ合ってきた患者とのやり取り、そして院内のまたそれを取り巻く社会の政治的な動きが絡み合う構成で、とても興味深く読めます。

行くあてのない人々を受け入れてきたラグナ・ホンダにも改革の足音が近づき、やがて病院は大きな転換を迫られる。
単なる心温まる物語ではありませんが、しかしそれでも「神様のホテル」には人間同士の思いやりがあったことを伝える良書です。

現代の医療や介護のシステムについて見つめなおしてみたい方にもおすすめします。(り)
(2014年12月11日)
四人組がいた。
高村薫/著
文藝春秋
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
これが高村薫!?

キャベツが行進!
タヌキがアイドル!
閻魔さまがやってきた!

ニッポンの片田舎を舞台に、ジジババ4人衆が与太話を繰り広げる、現代のメルヘン。
現代社会の課題をシニカルなユーモアで包み込んだ、著者の新境地!

これまでとは趣の違うもので、ファンには戸惑いもあるかと思いますが、硬派な作品はちょっとハードルが高いなぁと感じていた方にはオススメかも。(り)
(2014年12月11日)
ムーミン谷の夏まつり 新装版
講談社文庫 や16−12
ヤンソン/〔著〕 下村隆一/訳
講談社
税込価格  535円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
火山が噴火し、大水で家は流され、子どもたちは家族と離れ離れになり、となんとも恐ろしい設定です。あのかわいいキャラクターしか知らずに読むと、え、こんな話だったの!?と衝撃があるでしょう。

旧版で訳者が「もし、おもしろくなかったら、この本をだいじにしまっておいて、大きくなってから、もう一度読んでください。」と解説している通り、大人向けのファンタジーです。

シニカルでありながらも愛のあるキャラクター描写、ファンタジーとは夢物語ではなく、切実な物語であるということが伝わってきます。

「じぶんの友だちが、それぞれその人にぴったりしたことができるようになるのは、うれしいものでしょう?」というムーミンママのことばがこの本のテーマを表しています。(り)
(2014年12月06日)
家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理
香取薫/著
河出書房新社
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
茹でて炊いたお米に、汁気のあるカレーをかけて、さらにマッルン(炒めもの)、サンボ―ラ(あえもの)を添えて、混ぜながら食べるのがスリランカ流、とのこと。おいしそう!

カレーの他にも、野菜中心の炒めものや煮もの、佃煮やふりかけなどのサイドディッシュからデザートまで、種類豊富なレシピ集。

独特なスパイスや調味料の解説や入手先も記載されています。さらに、代用可能なものはその旨明記されているので、全ての材料が揃わなくても挑戦しやすいです。

また、使用されるスパイスなどは、どのメニューでも共通のものが多いので、一度揃えてしまえば様々なメニューに使えそうですよ。(り)
(2014年12月06日)
最相葉月仕事の手帳
最相葉月/著
日本経済新聞出版社
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
数々のベストセラーを生み出した著者の、仕事への取り組み方が明らかに。

取材の具体的な進め方や引き際や資料の扱いから、著者近影、出版パーティー、対談、ブログをやるか否か、等々。「書く」ことだけでない具体的な仕事の全貌が見えてきます。書く仕事に興味のある人にオススメの一冊。

三浦しをん、野町和嘉へのラジオインタビューの書き起こしに、インタビュアーである著者が自らつっこみを入れた第2章「聞くこと」も、作家の思考の流れが読み取れて面白いです。(り)
(2014年12月06日)
電化文学列伝
講談社文庫 な77−2
長嶋有/〔著〕
講談社
税込価格  535円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

おすすめ度:
アイロンが出てこようがジューサーが出てこようが電子ジャーが出てこようが、作品を読む際には、それがごく当然のこととして受け止めている読者であるわたしは、己の至らなさに打ちひしがれるばかりです(やや誇張)。

自身作家である著者によって、それぞれの「物」が、物語の中で果たす役割が懇切丁寧に解き明かされます。

言われてみれば、それはもうおっしゃる通り。

こちらは作家の意図にまんまと乗せられて、物語の要求する方向へと誘導されていたことがよくわかります。
なんだか、くやしい。でも納得、の一冊。(り)
(2014年12月06日)

1 2 3 4

掲載レビュー全74件


このページのトップへ