大前研一IoT革命
「BBT×プレジデント」エグゼクティブセミナー選書 Vol.2
大前研一/編著
プレジデント社
1,620円
通常1〜2日で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2016年9月
ISBNコード:
978-4-8334-2188-1 (4-8334-2188-7)
頁数・縦:
204P 19cm
商品の内容

[要旨]

ウェアラブル・家電・自動車・ロボット―あらゆるものがインターネットとつながる時代の戦略発想。「BBT×プレジデント」エグゼクティブセミナー第二弾!

[目次]

第1章 IoT戦略の要諦(大前研一)(IoTとは何か;社会システムとしてはまだ序の口のIoT ほか);第2章 IoTで未来はこう変わる(村井純)(日本のインターネット、はじまりはJUNET;アフター・ジ・インターネット ほか);第3章 シーメンスとドイツの新製造業戦略(インダストリー4.0)(島田太郎)(日本の課題とは何か;インダストリー4.0への道のり ほか);第4章 車の自動運転と高度交通システムの新しい形(ヴェルナー・ケストラー)(モビリティ・システムの変化要因;デジタル化は自動車市場を変革する ほか)

おすすめコメント

IoT戦略の要諦とは―。身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながり、産業や社会のあり方を根本的に変えてしまう時代が到来するなか、企業はIoTがもたらす変革をいかにビジネスチャンスにつなげればよいのか、事例を交えて検証します。

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  

早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 「0から1」の発想術

  • 大前研一「ビジネスモデル」の教科書

  • テクノロジー4.0 「つながり」から生まれる新しいビジネスモデル

  • みんなが知らない超優良企業 新しいニッポンの業界地図

  • 日本の論点 Global Perspective and Strategic Thinking 2017〜18

  • ニュースで学べない日本経済

  • 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

  • 小さな会社の稼ぐ技術 竹田式ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底活用法

  • 60分でわかる!AIビジネス最前線

  • 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • この1冊でまるごとわかる人工知能&IoTビジネス 入門編

  • 捨てられる銀行

  • 「老後不安不況」を吹き飛ばせ! 「失われた25年」の正体と具体的処方箋

  • やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

  • 最強の働き方 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓 新人からベテランまですべての段階で差をつける

商品の返品について