肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
西山耕一郎/著
出版社名 飛鳥新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-86410-554-5
(4-86410-554-5)
税込価格 1,200円
頁数・縦サイズ 229P 18cm
分類 生活 /健康法 /健康法
出荷の目安 在庫あり

※ご注文が集中した場合、出荷できない場合もございます。

■同じ著者名で検索した本

高齢者の嚥下障害診療メソッド
西山耕一郎/著
4,104円

実践嚥下内視鏡検査(VE) 動画でみる嚥下診療マニュアル
廣瀬肇/監修 大前由紀雄/著 西山耕一郎/著 生井友紀子/著
6,480円
   

■商品の内容
[要旨]
肺炎は“老化現象”と、あきらめていませんか?あまり知られていませんが、じつは、「のどの筋肉」を鍛えるだけで、簡単に防げるのです。1万人を治療した名医が教える、寿命を10年のばす1日5分の「のど体操」。

[目次]
第1章 「最近、よくムセる」は老化のサインだった!;第2章 「のど」を鍛えれば、寿命は10年のびる!;第3章 飲み込み力がアップする8つの「のど体操」;第4章 誤嚥を防ぐ「食べる」ルール九か条;第5章 「のど」の大問題・小問題お悩み解決Q&A;第6章 人間は「のど」から衰え、「のど」からよみがえる!

■著者紹介
西山 耕一郎 (ニシヤマ コウイチロウ)
1957年、福島県生まれ横浜育ち。北里大学医学部卒業。医学博士。耳鼻咽喉科・頭頚部外科医師として北里大学病院や横浜日赤病院、国立横浜病院などで研鑽を積む。30年間で約1万人の嚥下治療患者の診療を行う。現在、医療法人西山耳鼻咽喉科医院理事長(横浜市南区)。東海大学客員教授、藤田保健衛生大学客員准教授。また、複数の施設で嚥下外来と手術を行うかたわら、大学医学部や看護学校、言語聴覚士学校でも教鞭をとり、学会発表や講演会、医師向けのセミナーも行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■おすすめコメント
あなたも「ムセ」ていませんか?  2011年、「肺炎」は脳こうそくを抜き、死亡原因の第3位になりました。その肺炎のほとんどは、のどの老化による「飲み込みミス」がきっかけ。 よくムセる人は危険信号です!そこで本書では、1万人を治したスーパードクターが登場。実際に患者さんの寿命を10年のばした「のどの体操」を教えます!