コープこうべネット
はじめてのかたへよくある質問ご利用案内サイトマップ
お買い物・サービス一覧へ   ブログ・コミュニティ一覧へ
マイページ 生活協同組合コープこうべ
 
本詳細検索 雑誌詳細検索
コープこうべネット > 本コーナー > 商品詳細 CD/DVDコーナー

盤上の向日葵
柚月裕子/著
出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-12-004999-6
(4-12-004999-X)
税込価格 1,980円
頁数・縦サイズ 563P 20cm
分類 文芸 /日本文学 /文学 女性作家
出荷の目安 現在ご注文できません

■同じ著者名で検索した本

臨床真理
柚月裕子/〔著〕
836円

蟻の菜園 アントガーデン
柚月裕子/〔著〕
836円

検事の信義
柚月裕子/著
1,650円

慈雨
柚月裕子/著
836円

もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた NHKネコメンタリー猫も、杓子も。
角田光代/著 吉田修一/著 村山由佳/著 柚月裕子/著 保坂...
1,595円

■商品の内容
[要旨]
埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが捜査を開始した。それから四か月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦の会場だ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは―!?

■著者紹介
柚月 裕子 (ユズキ ユウコ)
1968年、岩手県生まれ。2008年、『臨床真理』で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。2013年に『検事の本懐』(宝島社)で第15回大藪春彦賞を、2016年に『孤狼の血』(KADOKAWA)で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、『慈雨』(集英社)で“本の雑誌が選ぶ2016年度ベスト10”第1位を獲得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■おすすめコメント
実業界の寵児で天才棋士――。男は果たして殺人犯なのか!?さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手・佐野の凸凹コンビは真冬の天童市に降り立つ。向かう先は、世紀の一戦が行われようとしている竜昇戦会場。果たしてその先で二人が目撃したものとは!?日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!
    【ご注文時の注意点】
  • ひとつのカートには最大10点まで投入してご注文いただけます。
  • 複数商品をご注文いただきますと、すべての商品の準備が整ってから出荷となります。お急ぎの商品を含む場合は1点単位でご注文ください。
  • このページの価格表示は、定価の税込価格表示のみとなっております。組合員価格(定価の5%引き)並びに本体価格は、カートでご確認いただけます。
ページの先頭へ
 
 | ご利用案内 | お問合せ | 個人情報の取り扱いについて | 生活協同組合コープこうべホームページ |
  • 「eふれんず」はコープこうべ組合員専用のインターネットサービスです
  • コープこうべネットは深夜2時〜5時の間はメンテナンスのためご利用いただけません
  • コープこうべネットは安全性の高い送受信技術(SSL)を使用しております
生活協同組合コープこうべ