銀河鉄道の父
門井慶喜/著
出版社名 講談社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-06-220750-8
(4-06-220750-8)
税込価格 1,728円
頁数・縦サイズ 408P 20cm
分類 文芸 /日本文学 /文学 男性作家
出荷の目安 在庫あり

※ご注文が集中した場合、出荷できない場合もございます。

■同じ著者名で検索した本

蘇える鬼平犯科帳 池波正太郎と七人の作家
池波正太郎/著 逢坂剛/著 上田秀人/著 梶よう子/著 風野...
832円

新選組の料理人
門井慶喜/著
1,620円

新選組颯爽録
門井慶喜/著
778円

にっぽんの履歴書
門井慶喜/著
1,566円


■商品の内容
[文学賞情報]
2017年 第158回 048−直木賞受賞

[要旨]
宮沢賢治は祖父の代から続く富裕な質屋に生まれた。家を継ぐべき長男だったが、賢治は学問の道を進み、理想を求め、創作に情熱を注いだ。勤勉、優秀な商人であり、地元の熱心な篤志家でもあった父・政次郎は、この息子にどう接するべきか、苦悩した―。生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父政次郎との対立と慈愛の月日。

■著者紹介
門井 慶喜 (カドイ ヨシノブ)
1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。2003年、第42回オール讀物推理小説新人賞を「キッドナッパーズ」で受賞しデビュー。’15年に『東京帝大叡古教授』が第153回直木賞候補、’16年に『家康、江戸を建てる』が第155回直木賞候補となる。’16年に『マジカル・ヒストリー・ツアーミステリと美術で読む近代』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、同年に第34回咲くやこの花賞(文芸その他部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■おすすめコメント
岩手県をイーハトヴにしたユニークな国民作家・宮沢賢治の生涯を、対立と愛情が相半ばする父・政次郎の視点で描く気鋭作家の意欲作。