田園発港行き自転車 上
集英社文庫 み32−8
宮本輝/著
出版社名 集英社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-08-745685-1
(4-08-745685-4)
税込価格 799円
頁数・縦サイズ 431P 16cm
分類 文庫 /日本文学 /集英社文庫
出荷の目安 在庫あり

※ご注文が集中した場合、出荷できない場合もございます。

■同じ著者名で検索した本

真夏の犬 新装版
宮本輝/著
767円


短編伝説旅路はるか
集英社文庫編集部/編 五木寛之/著 井上ひさし/著 角田光代...
907円

いのちの姿
宮本輝/著
497円

草花たちの静かな誓い
宮本輝/著
1,836円

■商品の内容
[要旨]
滑川駅で父が突然亡くなった。駅前には一台の自転車が取り残されていた。父は、宮崎へ出張に行ったはずなのに、なぜ―。十五年後、絵本作家になった娘・真帆は父の足跡を辿り富山へと向かった。一方、東京で桃いていた千春は、都会での生活に疲れ故郷へと戻る。そこで年下の従弟・佑樹と入善の町に広がる田園風景に癒されていく。富山・京都・東京、三都市の家族の運命が静かに交差する物語。

■著者紹介
宮本 輝 (ミヤモト テル)
1947年3月6日兵庫県生まれ。77年『泥の河』で第13回太宰治賞を受賞しデビュー。78年『螢川』で第78回芥川龍之介賞、87年『優駿』で第21回吉川英治文学賞を受賞。2004年『約束の冬』で第54回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門を、10年『骸骨ビルの庭』で第13回司馬遼太郎賞受賞。また同年、紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■出版社・メーカーからのコメント
富山県の滑川駅で父が突然亡くなった。駅前には一台の自転車が取り残されていた。宮崎へ出張だったはずの父が、なぜ――。15年後、絵本作家になった真帆は、父の足跡をたどる旅に出る。予期せぬ出会い、「縁」という不思議な糸が紡ぐ、美しい運命の物語。