コープこうべネット
はじめてのかたへよくある質問ご利用案内サイトマップ
お買い物・サービス一覧へ   ブログ・コミュニティ一覧へ
マイページ 生活協同組合コープこうべ
 
本詳細検索 雑誌詳細検索
コープこうべネット > 本コーナー > 商品詳細 CD/DVDコーナー

一度きりの大泉の話
萩尾望都/著
出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-309-02962-7
(4-309-02962-0)
税込価格 1,980円
頁数・縦サイズ 350P 20cm
分類 文芸 /エッセイ /エッセイ 女性作家
出荷の目安 現在ご注文できません

■同じ著者名で検索した本

ヤマザキマリ対談集Dialogos
ヤマザキマリ/著 養老孟司/著 竹内まりや/著 中野信子/著...
1,650円

ショートショートドロップス
新井素子/〔著〕 上田早夕里/〔著〕 恩田陸/〔著〕 図子慧...
726円

少女たちの覚醒
恩田陸/編 萩尾望都/〔ほか著〕
880円

ポーの一族秘密の花園 1
萩尾望都/著
750円


■商品の内容
[要旨]
大泉に住んでいた時代のことはほとんど誰にもお話しせず、忘れてというか、封印していました。しかし今回は、その当時の大泉のことを初めてお話ししようと思います。12万字書き下ろし・未発表スケッチ収録。70年代回想録。

[目次]
出会いのこと―1969年〜1970年;大泉の始まり―1970年10月;竹宮惠子先生のこと;増山さんと「少年愛」;『悲しみの天使(寄宿舎)』;『11月のギムナジウム』;1971年〜1972年 ささやななえこさんを訪ねる;1972年『ポーの一族』〔ほか〕

■著者紹介
萩尾 望都 (ハギオ モト)
漫画家。1949年、福岡県生まれ。1969年デビュー。1976年『ポーの一族』『11人いる!』で第21回小学館漫画賞、1997年『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、2006年『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞、2010年にアメリカ・サンディエゴ・コミコン・インターナショナル・インクポット賞、2011年に第40回日本漫画家協会賞・文部科学大臣賞、2012年に少女漫画家として初の紫綬褒章、2017年に朝日賞など受賞歴多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■おすすめコメント
「大泉に住んでいた時代のことは封印していました。しかし今回は、当時の大泉のことを初めてお話しようと思います」(前書きより)。 352ページ、12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。 出会いと別れの“大泉時代"を、現在の心境もこめて綴った漫画家萩尾 望都の70年代回想録。
    【ご注文時の注意点】
  • ひとつのカートには最大10点まで投入してご注文いただけます。
  • 複数商品をご注文いただきますと、すべての商品の準備が整ってから出荷となります。お急ぎの商品を含む場合は1点単位でご注文ください。
  • このページの価格表示は、定価の税込価格表示のみとなっております。組合員価格(定価の5%引き)並びに本体価格は、カートでご確認いただけます。
ページの先頭へ
 
 | ご利用案内 | お問合せ | 個人情報の取り扱いについて | 生活協同組合コープこうべホームページ |
  • 「eふれんず」はコープこうべ組合員専用のインターネットサービスです
  • コープこうべネットは深夜2時〜5時の間はメンテナンスのためご利用いただけません
  • コープこうべネットは安全性の高い送受信技術(SSL)を使用しております
生活協同組合コープこうべ