• 本

小説七つの大罪−外伝−彼らが残した七つの傷跡

KCDX 3898

出版社名 講談社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-06-377298-2
4-06-377298-5
税込価格 737円
頁数・縦 198P 18cm

おすすめコメント

リオネス王国誕生祭の朝、聖騎士長ザラトラスが惨殺された事件は、伝説の騎士団〈七つの大罪〉が、王国の転覆を謀ったがゆえに引き起こされた……。そう流布され、人々はそれを信じた。しかし――。あの朝の「真実」を、美しき第一王女と、ザラトラスの子息にして、姫君を守る騎士は知っていた。国をも揺るがす事実を心に秘めるには若すぎるふたり。だが、互いを慕う気持ちと、〈七つの大罪〉が残した足跡が、ふたりを、そしてふたりを取り巻く人々を強くする! 惨劇の後、〈七つの大罪〉が王国に戻るまでを結ぶ珠玉のエピソードが、いま初めて明かされる!!

出版社・メーカーコメント

聖騎士長ザラトラスが惨殺された事件は、リオネス王国の転覆を謀った〈七つの大罪〉による凶行……。そう流布され、人々はそれを信じた。しかし――。あの朝の「真実」を、美しき王女と、姫君を守る騎士は知っていた。国をも揺るがす事実を心に秘めるには若すぎるふたり。互いを慕う気持ちと、〈七つの大罪〉が残した足跡が、ふたりを強くする! 惨劇の後、〈七つの大罪〉が王国に戻るまでを結ぶエピソードが初めて明かされる!!