• 本

白翼のポラリス 2

講談社ラノベ文庫 あ−15−1−2

出版社名 講談社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-06-513215-9
4-06-513215-0
税込価格 713円
頁数・縦 326P 15cm
シリーズ名 白翼のポラリス

商品内容

要旨

どこまでも続く空と海。だがこの蒼き世界には、果てがあった。空は磁気乱雲に切り取られ、海は広大な陸地に阻まれ、伝説の大陸国家“ボレアス”は実在した。遠く遠く北の果てから、誰も抗えなかった強力な海流を引き裂いて、戦船がやってくる。この星の真実と、災厄を載せて―。ヴェセル・バトー会戦終結の立て役者となったスワローのシエルとヴェセル王女のステラは、会戦時に垣間見た自走する船とボレアスの情報を集めるべく奔走していた。糸口を掴めない二人の元に依頼が舞い込む。依頼人はボレアス軍人と名乗るシエルの父・アカーシャだった。再ば蒼い空が赤黒く汚される時、少年は何を想い、何を掴み取る?待望の戦闘機ファンタジー第2巻。

著者紹介

阿部 藍樹 (アベ アイキ)  
1989年生まれ。高校の国語教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)