• 本

我思う、ゆえに我あり デカルトの「方法序説」より

講談社まんが学術文庫 0023

出版社名 講談社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-06-516741-0
4-06-516741-8
税込価格 770円
頁数・縦 189P 15cm

商品内容

要旨

「ボンジュール。お邪魔しています」家に帰ったら、デカルトがいた。デカルトは家の中のものを勝手に食べながら、僕に哲学の方法を語ってくれた。そしてそれが、僕の人生の変革の始まりだった―。そんなはずないって?そう、あなたは正しい。哲学はすべてを疑うところから始まるのだから…“我思う、ゆえに我あり”であまりにも有名なデカルトの「方法序説」をまんが化。真面目に楽しく、哲学の根幹が学べます。

目次

プロローグ
第1章 諸学問の考察
第2章 「方法の法則」と「道徳の法則」
第3章 形而上学の基礎
第4章 「自然学の諸問題」と「自然研究公刊の是非」
エピローグ

出版社・メーカーコメント

「ボンジュール。お邪魔しています」家に帰ったら、デカルトがいた。デカルトは家の中のものを勝手に食べながら、僕に哲学の方法を語ってくれた。そしてそれが、僕の人生の変革の始まりだったーーー。そんなはずないって? そう、あなたは正しい。哲学はすべてを疑うところから始まるのだから。。。。”我思う、ゆえに我あり”であまりにも有名なデカルトの「方法序説」をまんが化。真面目に楽しく、哲学の根幹が学べます。

著者紹介

デカルト,ルネ (デカルト,ルネ)   Descartes,Ren´e
1596年‐1650年。フランスの哲学者。近世哲学の祖。数学者としても著名で、演繹的手法で合理主義哲学の基礎を築いた。“我思う、ゆえに我あり”(コギト・エルゴ・スム cogito ergo sum)は哲学史上最も有名な言葉といえる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)