• 本

有島武郎をめぐる物語

杉淵洋一

出版社名 青弓社
発売予定日 2020年3月25日
予約締切日 2020年3月5日
予定税込価格 4,400円

おすすめコメント

有島武郎の代表作『或る女』は1919年に刊行されたが、その7年後にフランスで前編だけが翻訳され、現在まで唯一のフランスでの有島の翻訳作品として読まれている。なぜ、どのような経緯で有島の作品が遠いフランスの地で翻訳されたのか。日本の近代化の一翼を担った稀有な人物として有島武郎とその系譜を再評価する野心的な試み。

このジャンルの予約商品

「あの人」のこと 久世光彦

2020年3月26日 発売予定

ケンドリック・ラマー 【文藝別冊】 河出書房新社編集部/編

2020年3月26日 発売予定

正義の行方(ニューヨーク連邦検事が見た罪と罰) プリート・バララ

2020年3月23日 発売予定

パルプ・ノンフィクション 出版社つぶれるかもしれない日記 三島邦弘

2020年3月19日 発売予定

クレイジーが世界を変えた!!天才科学者149人列伝 ダン・グリーン デイヴィッド・リッテルトン/絵 竹内 薫日本...

2020年3月19日 発売予定

ビル・エヴァンス 増補決定版 没後40年 【文藝別冊】 河出書房新社編集部/編

2020年3月30日 発売予定

くさい! だれでもなんでも、においパワーがばくはつだ! クライヴ・ギフォード ピート・ガムレン/絵 桑原洋子/訳

2020年3月16日 発売予定

繊細だけど戦いたいあなたに贈る わくわくする未来をつくるためのお守り言葉 はあちゅう

2020年4月上旬 発売予定

水森亜土書き下ろしエッセイ集(仮) 水森亜土

2020年3月25日 発売予定

教養としてのクラシック 【TJMOOK】 

2020年4月2日 発売予定