• 本

ローカル・デモクラシー 2

公共という政治的仕組み

ローカル・デモクラシー   2

出版社名 法律文化社
出版年月 2005年12月
ISBNコード 978-4-589-02890-7
4-589-02890-5
税込価格 2,750円
頁数・縦 229,6P 19cm
シリーズ名 ローカル・デモクラシー

商品内容

要旨

地域という生活空間で公共の実現を考える。新たなデモクラシーを拓く政治学の可能性を追究。

目次

序 ローカル・デモクラシーの政治学―戦後政治学における市民概念の軌跡
第1章 ローカル・デモクラシーの「社会の主義」―NPOにみる「社会主義」と「社会の主義」の狭間
第2章 ローカル・デモクラシーの権力―分権型社会の政治的位相
第3章 ローカル・デモクラシーの公共政策―「公」と「共」の概念をめぐって
第4章 ローカル・デモクラシーのNPO・NGO―非政府という政府性と非営利という営利性
第5章 ローカル・デモクラシーのジェンダー―分権型社会とジェンダー問題
第6章 ローカル・デモクラシーの公私問題―相克する公的領域と私的領域
結 ローカル・デモクラシーの可能性―戦後日本の政治学の新たな飛翔

出版社
商品紹介

政治学の対象としてのローカルと方法としてのデモクラシーを交差させ、地域中心の新たな生活空間を創造する思想的基盤を展開する。

著者紹介

薮野 祐三 (ヤブノ ユウゾウ)  
現在、九州大学大学院法学研究院教授。専攻は現代政治分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)