• 本

いじめ現象の再検討 日常社会規範と集団の視点

出版社名 法律文化社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-589-02900-3
4-589-02900-6
税込価格 2,530円
頁数・縦 203P 21cm

商品内容

目次

第1編 いじめを考える(いじめ問題のむずかしさ
いじめ加害と常識的価値志向
いじめと児童生徒の集団形成
不登校、摂食障害、集団内いじめと適応過剰
いじめとしつけを人々はどのようにとらえているか―松山市民への調査より
いじめなど問題を抱えた生徒の支援―教育社会学の視点)
第2編 日常社会規範と集団を考える(日常社会規範を考える
集団内で作られるルールと恥意識を考える
自己愛と集団―準拠集団の視点から
集団分析の視点―補論)

著者紹介

竹川 郁雄 (タケカワ イクオ)  
1956年大阪市に生まれる。1990年大阪市立大学文学研究科後期博士課程単位取得退学。愛媛大学法文学部教授。専門は社会学、集団論、青少年問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)