• 本

プログラマーの復権

新紀元社情報工学シリーズ

出版社名 新紀元社
出版年月 2004年6月
ISBNコード 978-4-7753-0308-5
4-7753-0308-2
税込価格 3,300円
頁数・縦 310P 21cm

商品内容

目次

第1部 アメリカのプログラマーの没落の再検証(Decline and Fallを書いたときの前提
ピープルウエア
その他の銀の弾丸)
第2部 ふたたびカウボーイ・プログラマーへの道を踏み固める(システム・ダイナミックス
個人のプロセス成熟度
ベスト・プラクティス
十分によいソフトウエア)
第3部 すばらしき新世界(サービス・システム
インターネット
Java及び新インターネット・プログラミング・パラダイム
Microsoftパラダイム
埋め込み型システムとすばらしき新世界)
付録 追加版、プログラマーの本棚

著者紹介

松原 友夫 (マツバラ トモオ)  
1929年生まれ。1950年3月、早稲田大学専門部工科機械科卒業。1956年、日立製作所入社。以来、亀有工場、コンピューター事業部神奈川工場、ソフトウエア工場に勤務。1970年、日立ソフトウエアエンジニアリングに転属。1991年12月、日立ソフトウエアエンジニアリングを定年退職。15年にわたる海外活動の中で、ISO/IEC JTC1国際標準化活動では2件の規格のエディターを務め、国際学会(ICSE、FJCC、CASEなど)ではセッション議長、プログラム委員、発表者としてかかわり、海外での論文多数。主な著訳書には、「ソフトウエア管理の落とし穴」、「オブジェクト指向分析と設計」、「ソフトウエア開発201の鉄則」がある。現在、フリーの立場でソフトウエア組織のコンサルティングを行う一方、American Programmer、Information and Software Technologyの2つの技術専門誌の編集委員と、IEEE Software誌の副編集長兼編集委員を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)