• 本

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍

岩波新書 新赤版 1785

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-00-431785-2
4-00-431785-1
税込価格 929円
頁数・縦 248P 18cm

商品内容

要旨

「これは絶滅戦争なのだ」。ヒトラーがそう断言したとき、ドイツとソ連との血で血を洗う皆殺しの闘争が始まった。想像を絶する独ソ戦の惨禍。軍事作戦の進行を追うだけでは、この戦いが顕現させた生き地獄を見過ごすことになるだろう。歴史修正主義の歪曲を正し、現代の野蛮とも呼ぶべき戦争の本質をえぐり出す。

目次

第1章 偽りの握手から激突へ
第2章 敗北に向かう勝利
第3章 絶滅戦争
第4章 潮流の逆転
第5章 理性なき絶対戦争
終章 「絶滅戦争」の長い影

おすすめコメント

これは絶滅戦争なのだ。ヒトラーが断言したとき、血で血を洗う皆殺しの闘争が始まった。想像を絶する惨禍。

著者紹介

大木 毅 (オオキ タケシ)  
1961年生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学(専門はドイツ現代史、国際政治史)。千葉大学ほかの非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、陸上自衛隊幹部学校講師などを経て、現在、著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)