• 本

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-400417-0
4-04-400417-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 297P 19cm

商品内容

要旨

フェルマーの最終定理、ポアンカレ予想などに続く数学の超難問「ABC予想」。ひとりの日本人数学者が、この予想を解決に導く「IUT理論」を公開し、世界に激震が走った―。論文を発表した望月新一教授と、議論と親交を重ねてきた数学者が、理論の斬新さと独創性、その核心をわかりやすく伝える。

目次

第1章 IUTショック
第2章 数学者の仕事
第3章 宇宙際幾何学者
第4章 たし算とかけ算
第5章 パズルのピース
第6章 対称性通信
第7章 「行為」の計算
第8章 伝達・復元・ひずみ

おすすめコメント

人類に残された最後の超難問、ABC予想、ついに解かれる!望月新一教授による「宇宙際タイヒミューラー(IUT)理論」。その難解さと斬新さは世界中に驚きをもたらした。ABC予想も解けるという。望月氏と議論を重ねてきた数学研究者が、理論の衝撃をやさしく紹介する。

著者紹介

加藤 文元 (カトウ フミハル)  
1968年、宮城県生まれ。東京工業大学理学院数学系教授。京都大学理学部卒業、同大学大学院理学研究科博士後期課程(数学・数理解析専攻)修了。博士(理学)。京都大学准教授、熊本大学教授などを経て、2015年より現職。その間、ドイツのマックス・プランク研究所研究員、フランスのレンヌ大学やパリ第6大学の客員教授なども歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)