• 本

古事記異聞 鬼棲む国、出雲

講談社ノベルス タS−51

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-299121-6
4-06-299121-7
税込価格 950円
頁数・縦 255P 18cm
シリーズ名 古事記異聞

商品内容

要旨

日枝山王大学の民俗学研究室に所属する橘樹雅は、研究テーマ「出雲」についての見識のなさを担当教官・御子神伶二に指摘され、現地に旅立つ。出雲国四大神とは何なのか、伊弉冉尊を偲ぶ「神在祭」とは?雅が向かう黄泉比良坂では、髪を切られ、左眼に簪を突き立てられた巫女の遺体が発見される。知られざる歴史の真実を描く新シリーズ!

おすすめコメント

正史に隠された真実に光を当てる高田ミステリ新シリーズ開幕!出雲で起きた凄惨な事件が古代出雲の謎を解く鍵になるのか!?

著者紹介

高田 崇史 (タカダ タカフミ)  
昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒。『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)