• 本

証券会社がなくなる日 IFAが「株式投資」を変える

講談社現代新書 2585

出版社名 講談社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-06-520148-0
4-06-520148-9
税込価格 1,034円
頁数・縦 283P 18cm

商品内容

要旨

現場の溶解が止まらない!社長表彰の常連社員、労組の委員長経験者、海外修練生に選抜された営業成績優秀者…。将来を強く嘱望されていたエリートたちはなぜ続々と大手証券会社を辞めていくのか。

目次

序章 証券ビジネスを変える「IFA」とは何か
第1章 証券業界が固執する「儲けのカラクリ」
第2章 米国の証券業界で「いま起きていること」
第3章 誰が信頼できる「IFA」なのか
第4章 進化を止めた絶対王者・野村の苦悩
終章 いまの証券会社がなくなる日

出版社・メーカーコメント

どんなIFAが信頼できる? ネット専業証券で生き残るのは? 進化を止めた野村證券の危機とは? これから証券業界で起こること。

著者紹介

浪川 攻 (ナミカワ オサム)  
経済ジャーナリスト。1955年東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカー勤務を経て記者となる。金融専門誌、証券業界紙を経験し、1987年株式会社きんざいに入社。「週刊金融財政事情」編集部でデスクを務める。1996年退社し、ペンネームで金融分野を中心に取材・執筆。月刊誌「Voice」の編集・記者、1998年に東洋経済新報社と記者契約を結び、2016年フリーとなって現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)