• 本

遊廓と日本人

講談社現代新書 2638

出版社名 講談社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-06-526095-1
4-06-526095-7
税込価格 880円
頁数・縦 169P 18cm

商品内容

要旨

人権無視の悲哀の場か、日本文化の聖域か。「日本史の陰影」を再考する。江戸学の第一人者による「遊廓入門」の決定版!

目次

第1章 吉原遊廓の誕生
第2章 遊廓とはどういう場所か?
第3章 遊女とはどんな人たちか?
第4章 男女の「色道」と吉原文化
第5章 吉原遊廓の三六五日
第6章 近代以降の吉原遊廓
終章 遊廓をどう語り継ぐべきか

著者紹介

田中 優子 (タナカ ユウコ)  
1952年、神奈川県横浜市生まれ。法政大学社会学部教授、社会学部長等を経て法政大学総長(2021年に退任)。専門は日本近世文学、江戸文化、アジア比較文化。2005年紫綬褒章受章。著書に『江戸の想像力 18世紀のメディアと表徴』(ちくま学芸文庫/芸術選奨文部大臣新人賞受賞)、『江戸百夢 近世図像学の楽しみ』(ちくま文庫/芸術選奨文部科学大臣賞、サントリー学芸賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)