• 本

名探偵コナン Volume52

少年サンデーコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-09-120026-6
4-09-120026-5
税込価格 499円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 18cm
シリーズ名 名探偵コナン

出版社・メーカーコメント

▼第1話/挙動不審!?▼第2話/因縁の試写会▼第3話/式場パニック▼第4話/招かれざる客▼第5話/ウエディング・バトル▼第6話/常識はずれの部屋▼第7話/逆さまミステリー▼第8話/隠したかったもの▼第9話/園子の赤いハンカチ▼第10話/カタカナの名前▼第11話/スーパーマン●主な登場人物/江戸川コナン(見かけは小学生だが、その正体は「黒の組織」に薬を飲まされて幼児化した高校生名探偵・工藤新一)、毛利蘭(新一の幼なじみ。帝丹高校2年)、毛利小五郎(蘭の父親で探偵。コナンのおかげで“眠りの小五郎”として有名に)●あらすじ/映画「スターブレイド・」の試写会に訪れたコナンと少年探偵団、阿笠博士の面々。入口で元太たちが小道具の刀を振り回していると突然、フリーカメラマンの建井が話しかけてきた。彼は、自分のカメラでコナンたちの写真を撮ってあげると、それを送ると言って博士の住所をメモに取り、フィルムと一緒に胸ポケットへしまいこむ。その直後、建井は携帯電話で友人から呼び出され、博士に荷物を預けて去っていくが…(第1話)。●本巻の特徴/強盗殺人犯に命を狙われたカップルの替え玉として、高木刑事が花婿役に扮することに! 結婚式場をめぐる難事件(第3〜5話)や、愛猫がカギを握るゴースト作家殺人事件(第6〜9話)など全4エピソードを収録。●その他の登場人物/小嶋元太・吉田歩美・円谷光彦(コナンの同級生。少年探偵団を結成)、灰原哀(新一を幼児化させた薬の考案者だが、自らも幼児化して「黒の組織」から逃亡。阿笠の家に居候中)、阿笠博士(工藤家の隣りに住む科学者。新一とコナンが同一人物だと知っている)、佐藤美和子(警視庁捜査一課の刑事。同僚男性のアイドル的存在)、高木渉(警視庁捜査一課の刑事。佐藤刑事と交際中)、鈴木園子(鈴木財閥の令嬢。蘭とは大親友)