• 本

犬夜叉 22

少年サンデーコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2001年9月
ISBNコード 978-4-09-125642-3
4-09-125642-2
税込価格 429円
頁数・縦 183P 18cm
シリーズ名 犬夜叉

出版社・メーカーコメント

現代と戦国時代を行き来する少女・かごめと半妖の少年・犬夜叉が、邪悪な化け物と大激突!!無敵の二人のステキな大冒険ワールド!!▼第1話/無双▼第2話/鬼蜘蛛の記憶▼第3話/鬼蜘蛛と無双▼第4話/心臓▼第5話/半妖▼第6話/百鬼蝙蝠▼第7話/紫織の結界▼第8話/父の願い▼第9話/紫織の力▼第10話/赤い刃●主な登場人物/犬夜叉(いぬやしゃ。妖怪の父、人間の母を持つ半妖の少年。桔梗がかけた封印をかごめに解かれ甦った。かごめと一緒に四魂の玉を探している)、かごめ(神社の娘で、中学3年生。現代と戦国時代を祠の井戸を通じて行き来している)、弥勒(みろく。法力を持つ謎の法師。右手に何でも吸い込む風穴を持つが、これには奈落の呪いが…)、珊瑚(さんご。妖怪退治を生業とする家の娘。奈落の策略で家族を失い、犬夜叉と共に旅をしている)、七宝(狐の妖怪の息子。小さいがたくさんの技を持っている)●あらすじ/犬夜叉たちの前に、新たな物の怪が現れた。無双と名乗るその男、どうやら奈落の分身らしい。無造作に人を殺してまわる無双を、犬夜叉は斬る。その時、無双はかごめを見て桔梗の名を口にした。無双の正体は、かつて桔梗が洞窟にかくまい手当てをしていた野盗・鬼蜘蛛だった。鬼蜘蛛が妖怪に体を差し出し、奈落に変化したあとも、桔梗への執着は奈落の中に残っていた。その鬼蜘蛛の心が肉体を得て、奈落の体から出てきたのだ。しかも無双の体は、斬られてもやがて元通りになる、並外れた再生能力を持っていた(第1話)。●本巻の特徴/犬夜叉は無双と再び対決。心臓を一突きにしようとしたが、神楽や最猛勝が助けに入り、無双は逃げきる。だがその後、無双は奈落の体の中に再び取り込まれてしまった。無双は奈落の体のつなぎとして、まだ必要な存在だったのだ。奈落も犬夜叉同様に半妖だが、弱体化する日は自分で選べるし、体を組み換えながら強くなっていく事ができるという。その証拠に奈落の結界はさらに力を増し、犬夜叉の“風の傷”を簡単にはばんだ。犬夜叉はどんな結界でも斬れる技を求め、冥加の言う、西国の百鬼蝙蝠の巣にへと赴く…。