• 本

海街diary   1 蝉時雨のやむ頃

flowersコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2007年4月
ISBNコード 978-4-09-167025-0
4-09-167025-3
税込価格 589円

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 15年会っていなくても親子だったり、血が半分しか繋がっていなくても姉妹だったり、 全くの他人だから夫婦だったり、『家族』とくくれる人間のつながりには、いろんな形があります。 そういう家族模様、ひとの気持ちを、重くなくさらっと、カラッと描く吉田秋生さんの最新作です。 吉田さんの代表作のひとつでもある『BANANA FISH』シリーズのようなアクションはありません。 どこにでもありそうな家庭の話ですが、気がつくと夢中になって読み終えていました。 名作『ラヴァーズ・キス』のキャラクターも登場します。ファンにはたまらない作品です。

    (2007年5月2日)

商品内容

文学賞情報

2016年 第61回 小学館漫画賞受賞

出版社・メーカーコメント

鎌倉に暮らす家族の哀歓を描く超人気作! 男の部屋で朝を迎えた三姉妹の次女・佳乃(よしの)に父の訃報(ふほう)が届いた。母との離婚で長い間会っていない父の死に、なんの感慨もわかない佳乃は…。鎌倉(かまくら)を舞台に家族の「絆(きずな)」を描いた限りなく切なく、限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ!!