• 本

浮浪雲 2

迷の巻

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1990年
ISBNコード 978-4-09-180052-7
4-09-180052-1
税込価格 556円
頁数・縦 228P 18cm
シリーズ名 浮浪雲

出版社・メーカーコメント

激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。▼第1話/謎の浮遊物体▼第2話/恋のぼり▼第3話/ふんだるだるま▼第4話/夫婦春秋▼第5話/新選組不始末記▼第6話/雲に惚れた女▼第7話/夕映えに嘶く▼第8話/刺客が来たよ▼第9話/水に映る太陽 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/人心観破術なるものに凝りはじめた浮浪雲。会う人会う人に顔相や手相、はたまた夢占いまで持ち出し、講釈をしては喜んでいるのだが、果たして雲自身の相は……(第1話)。▼どうやら恋をしたらしい新之助。息子、新之助の恋に一役買って出ようと父、雲は……(第2話)。▼大奥の女から、ある内密の仕事を頼まれた雲たちは江戸城大奥へと潜入することになった。秘策を用い、仕事はうまくいったように見えたのだが……(第3話)。 ●本巻の特徴/遊び好きの雲だが、おカメに子供ができたと聞かされるや否や帳場に座ってみたり洗濯をしてみたり……(第4話)。遊びとは一線を画した、妻を愛する雲の心が窺える。 ●その他の登場キャラクター/新選組・沖田総司(第5話)