• 本

あぶさん 24

なごり酒

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1994年
ISBNコード 978-4-09-180354-2
4-09-180354-7
税込価格 534円
頁数・縦 222P 18cm

出版社・メーカーコメント

酒とバットをひっさげて一打席に命を燃やす景浦安武の代打屋人生。あらゆる世代を魅了する超ベストセラー。▼第1話/酒護神▼第2話/送り酒▼第3話/ルーキー誕生▼第4話/命名▼第5話/燗ミルク▼第6話/なごり酒▼第7話/バレンタインデー▼第8話/自然酒▼第9話/気分は10月●登場人物/景浦安武(通称あぶ。南海ホークスの代打専門打者)、サチ子(あぶの妻)、桂木虎次郎(大阪・ほとけ横丁の大衆酒場「大虎」店主)●あらすじ/サチ子の出産を翌月に控え、安産を願うあぶ。そんなある日、あぶは大虎で行商の老人から不思議な話を聞かされる(第1話)。▼'81年、パ・リーグを支えてきた南海ホークス・佐々木投手と、西武ライオンズ・土井選手が引退した。試合後、大虎にやってきたこの先輩二人と酒を飲んでいたあぶは、いつの間にか自分の過去を思い出していた(第2話)。●本巻の特徴/とうとうあぶに子供が誕生し、幸せいっぱいの大虎一家。第24巻では、父親となり、一人前の男となったあぶの表情が楽しめる。特に、酒に溺れていた日々を懐かしく思い出す(第2話)あぶの姿は印象的。●その他の登場キャラクター/読売ジャイアンツ・王監督(第9話)