• 本

あぶさん 25

酔いどれ

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1994年
ISBNコード 978-4-09-180355-9
4-09-180355-5
税込価格 534円
頁数・縦 218P 18cm

出版社・メーカーコメント

酒とバットをひっさげて一打席に命を燃やす景浦安武の代打屋人生。あらゆる世代を魅了する超ベストセラー。▼第1話/鷹匠▼第2話/期待に応えて▼第3話/トラ節句▼第4話/円タクの騎士▼第5話/時は金なり▼第6話/褐色のプロフェッショナル▼第7話/振られて万歳▼第8話/酔いどれ▼第9話/立てば歩めの●登場人物/景浦安武(通称あぶ。南海ホークスの代打専門打者)、サチ子(あぶの妻)、桂木虎次郎(大阪・ほとけ横丁の大衆酒場「大虎」店主)●あらすじ/開幕以来、7打席で3本のホームランを放ち、絶好調のあぶ。しかし、予想以上のあぶの活躍に虎次郎はかえって不安を感じる(第2話)。▼オールスターを終えてなお好調を維持し、ホームランダービートップを走るあぶ。このままいけばホームラン王も夢ではないと思われていたあぶだったが、ある日の試合で頭部にデッドボールを受け、退場してしまう。翌日の試合にはいつも通り出場するものの、あぶは身体に異常を感じる…(第9話)。●本巻の特徴/とりつかれたようにホームランを量産し、プロ入り以来、初めてタイトル(ホームラン王)に手が届きそうなあぶ。代打のみの出場でタイトルが取れるのか、あぶさんファンならずとも、興味深い。