• 本

あぶさん 29

みぞれ酒

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1993年
ISBNコード 978-4-09-180359-7
4-09-180359-8
税込価格 534円
頁数・縦 242P 18cm
シリーズ名 あぶさん

出版社・メーカーコメント

酒とバットをひっさげて一打席に命を燃やす景浦安武の代打屋人生。あらゆる世代を魅了する超ベストセラー。▼第1話/夕霞▼第2話/シリーズの日に▼第3話/ジャンボ景虎▼第4話/新天地▼第5話/甦る90番▼第6話/みぞれ酒▼第7話/新雪▼第8話/春九十番▼第9話/船▼第10話/便り一発●登場人物/景浦安武(通称あぶ。南海ホークスの代打専門打者)、サチ子(あぶの妻)、桂木虎次郎(大阪・ほとけ横丁の大衆酒場「大虎」店主)●あらすじ/シーズン終盤の西武戦。あぶは好きなインコースの球すら打てなくなってしまい、不調のどん底にいた。試合後、あぶの育ての親である岩田はあぶの元を訪れ、コーチ就任を要請するが、あぶは答えを出さない(第1話)。▼ホークスを自由契約になり、去就が注目されていたあぶ。いくつかの球団から誘いを受けるものの、あぶは姿を消してしまう(第4話)。●本巻の特徴/ついに他球団に移籍するかと思われたあぶだったが、なんとホークスの入団テストを受けてしまう(第5話)。現役、そしてホークスにこだわるあぶのひたむきな姿は、物語に新たな活力を与えている。●その他の登場キャラクター/読売ジャイアンツ・江川卓(第2話)