• 本

釣りバカ日誌  14

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1985年10月
ISBNコード 978-4-09-180714-4
4-09-180714-3
税込価格 556円

出版社・メーカーコメント

ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!!▼第1話/つれない返事▼第2話/社長の決断▼第3話/船長の条件▼第4話/渡りに船のトレード話▼第5話/進退かけて追っかけて▼第6話/三ニン目のオジイチャン!?▼第7話/昨年中は…今年こそ▼第8話/躍進三課の仕事始め▼第9話/0.5の誤差昇進▼第10話/番外編・殿中 松の廊下の変の変 ●登場人物/浜崎伝助(釣りバカで万年ヒラのペケ社員)、鈴木一之助(鈴木建設社長)、佐々木和男(鈴木建設営業三課課長)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の可愛いひとり息子) ●あらすじ/佐々木課長の昇進がかかった一大リゾートタウン計画のため現地視察に出かけた伝助。その行き先がアジ釣りで有名な勝浦と聞いて、スーさんも公私混同の“視察”と称して佐々木さんをお供にやって来る。ところが、その建設予定地の山林の地主であり、伝助の釣り仲間でもある源五郎爺さんが、土地譲渡の条件に出してきたのが“ハマちゃんを養子にほしい”というトレード話だったからサァ大変……(第1話)。 ●本巻の特徴/前巻に引き続き、佐々木課長の昇進の可能性が気になるこの第14巻。秋山部長のひとことや、女子社員の噂話に一喜一憂する佐々木さんだったが、とうとうその出世レースも発表のときが……!!(第9話)。 ●その他の登場キャラクター/元クロダイ釣りの名人・源五郎(第1〜7話)、東大卒で営業三課の新人・宗優介(第1話)、取締役営業部長・秋山(第2、3、5、7、8話) ●その他のデータ/アジ釣り(第1話)、ハゼ釣り(第4話)、▼裏表紙の伝助釣り講座〜カワハギ