• 本

MONSTER   1

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1995年8月
ISBNコード 978-4-09-183651-9
4-09-183651-8
税込価格 534円

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ハラハラドキドキの一冊

    全18巻ですので、全巻通読されることをお奨めします。ビッグコミックオリジナルでの連載中は、次号を待ちわびた私でした。完結後、全18巻を一気に読み直してしまいました。実話だと知ったときは、本当に驚きました。どうしたらドクターテンマの無実を晴らせるのかと考えながら読んでしまいます。人間の持つ心の、強弱と美醜を考えさせられます。希望を、夢を、持っていき続けようと思いました。人の底知れない怖さを見たい方には、特にオススメです。

    (2003年4月29日)

商品内容

文学賞情報

2001年 第46回 小学館漫画賞受賞

おすすめコメント

人の命を助けるはずのメスが、怪物を産み出すことになろうとは!! 激動のヨーロッパを舞台にした、戦慄のサイコ・サスペンスいよいよ発進。デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、人道的見地から少年ヨハンの命を救う。それがすべての始まりだった…。ヨハンの真の姿は? 天馬の運命は? ヨハンをめぐる天馬の旅は続く。

出版社・メーカーコメント

デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、人道的見地から少年ヨハンの命を救う。それがすべての始まりだった…。ヨハンの真の姿は? 天馬の運命は? ヨハンをめぐる天馬の旅は続く。▼第1話/ヘルDr.テンマ▼第2話/ころして▼第3話/転落▼第4話/兄・妹▼第5話/殺人事件▼第6話/BKAの男▼第7話/「モンスター」▼第8話/処刑の夜●登場人物/天馬賢三(デュッセルドルフ・アイスラー記念病院の日本人医師で、天才的な脳神経外科医)●あらすじ/デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、天才的な脳神経外科医。院長の娘・エヴァとの結婚も控え、順調な日々を送っていた。そんなある日、東ドイツ貿易局の顧問、リーベルト一家が何物かに襲われるという事件が発生した(第1話)。▼リーベルト一家銃撃事件で、重傷を負った双子の兄・ヨハンの手術は、困難を極めそうな様子だった。手術に取り掛かろうとしたテンマに、市長の手術にあたれという院長からの命令が下るが…(第2話)。●本巻の特徴/本巻では、利害関係に縛られた大病院の内部事情が描かれていると共に、テンマが命を助けた双子の兄・ヨハンの正体が徐々に明かにされていく。●その他の主な登場キャラクター/エヴァ・ハイネマン(第1話)、ハイネマン院長(第1話)、Dr.ベッカー(第1話)、ルンゲ警部(第6話)